Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2014年10月24日金曜日

井戸川氏が「殺す」と脅迫されたが、福島県警は動くのだろうかIdogawa (calling for evacuation) under death threat, "I will kill you"

10月26日の選挙は、福島の復興と帰還を求める副知事の圧倒的勝利だったそうです。

I heard the Oct 26 Fukushima governor ended with landslide victory on Mr. Uchibori, the vice governor of Fukushima who calls for reconstruction and return of Fukushima residents.

福島県民の早期帰還を主張し、子供たちの健康被害をまったく無視する内堀氏を与党ばかりか、社民党も応援していたと言う事実を決して忘れてはならないと思います。
http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/10/blog-post_26.html

We should never forget that not only ruling party, but also Social Democratic Party of Japan has supported Mr. Uchibori who called for early return of Fukushima residents ignoring the health hazards of Fukushima children.

そもそも社民党の福島党首はかつて辺野古問題で大臣を辞任しましたが、その直前に起きたベトナム原発輸出は容認でした。原子力問題は基地問題以上のタブーです。

Mizuho Fukushima, the former leader of Social Democratic Party of Japan resigned over Henoko US base issue, but she admitted the export of nuclear power to Vietnam prior to that.  Nuclear power issue is more taboo compared to the US base issue.





井戸川氏に対し、「奴を殺す」などと書いた、犯罪に当たるのではないかと思われるツイートを発見しました。
I just found unbelievable twitter by a person called Yohei Suzuki. I think this tweet is like a criminal level.

twitter.com/follow_yohei/status/525291164585299969 …

上記の元ツイートは消去されているようなので、以下に画像で撮ってくださった方がいます。
http://pbs.twimg.com/media/B0q1yVnIYAAONzL.jpg


鈴木洋平‏@follow_yohei 11 時間前
(拡散希望)福島県双葉前町長の井戸川勝隆に、福島県民の皆さん今度の知事選で投票しないでください。0票にしましょう。現実を見させるのです。福島県内に来ないで、知事になろうというのは生意気です。奴を殺す #


@follow_yohei "Please share.  Don't vote Mr. Katsutaka Idogawa, the former Futaba town Mayor/  Let's make the count of his vote, "zero" so that he will see the reality.  It is arrogant that he is trying to become a governor though he does not come to Fukushima (Note: Mr. Idogawa does stay in Fukushima for his campaign now.)  I WILL KILL HIM. ## Please follow me."


先日、従軍慰安婦の記事を疑義を醸し出した元朝日新聞社の勤める北星学院大学に「爆弾を仕掛ける」と脅迫した男が逮捕されました。
The other day, a man who made a threatening call, "I will place a bomg in your school," where a former reporter who wrote a controversial article on comfort women, was arrested.


であるなら、「奴を殺す」と言う、このツイートの主も逮捕されるべきではないでしょうか。


Then, Yohei Suzuki saying, "I will kill you (Mr. Idogawa)" in the above should be arrested, I think.

警察に通報し、担当者も決まっていると言う話をFBである人から聞きましたが、その後、マスコミも含め、まったくこの問題を取り上げていません。

As a matter of fact, I heard from a person on Facebook that this issue was reported to the Fukushima police and the person in charge was decided.  However, no media is reporting any move.


*実は私もツイートでは、「殺すぞ」「死ね」「火事に気をつけろ」「裁判にかけてやる」など筆舌に尽くしがたい嫌がらせを受けてきました。しかし警察や人権団体はなぜか動いてくれていません。

(嫌がらせ者アカウントは、以下のページの最後に入れてあります。
http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html


* As a matter of fact, I myself (who has been calling for evacution of Fukushima children)  have been a target of criminal level of harassement on tweets, "I will kill you.""Die""Watch out for fire""I will sue you""I am disseminating your whereabout of your apartment"
However, strangely police or Human Rights Protection Bureau made no countermeasures so far.

(As for the harassers, I put the list of the accounts at the end of the following page. http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html


そして私も福島県からの子供と妊婦の避難を以下の署名にて呼びかけ続けております。(ご協力お願いいたします)

I am also calling for evacuation of kids and pregnant women from Fukushima.
Please sign the 6 language petition "Evacuate pregnant women and kids!" below.
 

Japanese(日本語)
http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?utm_content=buffer11073&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

English http://www.change.org/en-GB/petitions/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?lang=en-GB&utm_content=buffer11073




2014年10月19日日曜日

The 2014 No Nukes Asia Forum Joint Statement 2014年ノーニュークスアジアフォーラムの素晴らしい共同声明 と残念だった出来事

新たな事実が判明しました!なんと、原発メーカー訴訟の会の代表で、下記にもある、Choi Seungkoo(チェ・スング)さんの車の窓ガラスが、10月14日早朝に何者かによって、割られていたと言うのです!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=566855390126367&set=a.117245368420707.33623.100004057323056&type=1


Breaking News! In the dawn of October 14, someone broke the windshield of the car owned by Mr. Choi Seungkoo who is the director of Class Action Against the Nuclear Reactor Builders.
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=566855390126367&set=a.117245368420707.33623.100004057323056&type=1


東芝、日立、GEなどの原発企業を訴えると言うChoiさんの活動は非常に大事なもので、原発推進側にとっては脅威でしょう。Choi氏も原子力村からの嫌がらせなのではと考え、FBにて私にも「お互い気をつけましょう」と言ってくださいました。


Mr. Choi's Class Action against nuclear corporations such as Toshiba, Hitachi, GE is very important and could pose a threat on nuclear promotor sides.  He believes the misconduct could be done by nuclear promotors and said to me on Facebook, "Let us be careful each other."


私もよくわかります。エートスに反対しだした2012年夏には不審な男が当時2歳の私の息子を抱き上げた事件もありましたし、そして、日本ではもんじゅ西村事件で医療カルテの証拠もある原子力村による殺人事件も起きているのです。


I do quite understand his caution.  Because there was an incident where my then 2 year old son was picked up by a strange man right after I raised my opposing voice against ETHOS.


Most of all, in Japan, there was a homicide by Japanese nuclear lobby with evidence of medical record (Monju Nishimura Incident: http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_1741.html)


そして、先日もマスメディアで唯一福島の甲状腺がんの子供たちの番組を作った岩路真樹ディレクターが、多くの人々が原子力村からの他殺を疑う不審な自殺をしました。http://enenews.com/very-frightening-journalist-very-popular-japan-news-program-found-dead-only-person-reporting-fukushima-issues-national-tv-chilling-recent-quote-happens-will-never-commit-suicide-video


Also, the other day, a Japanese TV director Mr. Masaki Iwaji, the only mass media person who made a program of Fukushima children's cancer, committed a mysterious suicide, leaving many people thought that he could have actually killed by nuclear lobby. http://enenews.com/very-frightening-journalist-very-popular-japan-news-program-found-dead-only-person-reporting-fukushima-issues-national-tv-chilling-recent-quote-happens-will-never-commit-suicide-video


同時に、反原発内部からもなにか一生懸命活動する人に様々な攻撃があるようで、私もいつも経験しています。


Choi氏も、彼のブログを見ますと、原発メーカー訴訟の会の中でも攻撃を受けているようです。(http://maker-sosho.main.jp/news/1617/


またノーニュークスアジアフォーラムの内部で、以下のような不可思議な攻撃を受けています。


At the same time, it is a grave fact that there have been many attacks to those who are active in anti-nuclear citizens' groups, and I myself have experienced harrassement by anti-nuke people many many times. 


When I took a look at Mr. Choi's blog, he was being attacked and asked for resignation in the Class Action Against the Nucler Reactor Builders.http://maker-sosho.main.jp/news/1617/


In addition, the following mysterious attacks are being made in the No Nukes Asia Forum 2014 in Taipei, which I attended.


*************************






2014年9月末、台北でのノーニュークス・アジアフォーラムに参加してきました。
アジアで猛烈に推進されている原発情勢を知りえました。


At the end of September 2014, I attended No Nukes Asia Forum in Taipei.
I got to know the nuclear power situation in Asia, where promotion is fierecely underway.


台湾では600万都市の台北の30km圏内に台湾第一原発と台湾第二原発が稼働中、しかも活断層が7~8km地点にあり、陸上の火山と海底の火山も近いと言います。


第四原発の阻止運動が活発なのはいいのですが、「地震がいつ襲うかもわからない中、稼働している最も危険な第一と第二原発を止めることが最も緊急を要するはずです」と、発言してきました。


In Taiwan, there are No1. NPP and No.2 NPP within 30km of Taipei with 6 million population.  The faults lines are only 7~8km apart from both and inland volcano and undersea volcano are close. 
It is great that Taiwanese people are vigourously focusing on preventing the start of No. 4 reactor, but I stressed the need to stop the currently operating reactors No1 and No2, which are most dangerous with spent control rods which could be hit by a big earthquake at any time.


また、福島事故の後、リンパ節や肺がん転移を含めた甲状腺がんも多数出ているときに、健康被害を無視し、相変わらず原子力を推進している国連はおかしいという話もさせてもらい、声明文にも組み込んでいただきました。


I also asked to include the criminality of the UN, the promotor of nuclear power,  which has been ignoring the health hazards though many children developed thyroid cancer including metastasis to their lymph nodes and lungs.  This portition was also included in the Joint Statement.


国連の犯罪性については、台北タイムズも私の言葉を引用して下さり、非常にうれしく思いました。http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/10/taipei-times-covered-nnaf-story.html(マスコミがこのようなこと書いてくださったのは初めてでは??)


As for the criminality of the UN, Taipei Times cited my word, which made me quite happy. http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/10/taipei-times-covered-nnaf-story.html (I think it was the first time that a main stream media pointed out the criminality of the UN. Correct me if I am wrong...)




ただひとつ、残念だったのは、フォーラムが終わってから、原発メーカー訴訟の会でがんばっておられる、チェ・スングさんが、ノーニュークスアジアフォーラム事務局の佐藤大介氏から非難され、誹謗中傷とも取れる文書が拡散されていることです。


(今、発見しました。文末を見て下さい。なぜか私の名前まで引用されていました。。。)




However, there was one sad thing...A document which criticizes Mr. Choi Seungkoo (Secretary General of Class Action Against the Nuclear Reactor Builders) is being disseminated by Mr. Daisuke Sato (Secretary General of No Nukes Asia Forum).  For some unknown reason, my name was even cited...Please look at the bottom of this page.




チェさんが行っている、「原子力でお金を稼ぎ、事故の責任を全くとらない原子力メーカーに訴訟を起こす、また企業責任に注目するという活動」は非常に大事なことのはずだと思うのですが、記者発表の時点では存在していた声明文からも消えていました。




I believe it is quite an important action to sue nuclear manufacturers which make profit and do not take responsibilities after any accident, but that porpotion was deleted after the press conference.


本当に不思議であり、悲しいです。


佐藤大介氏は記者会見でも、「日本の原発企業による台湾への原発輸出を阻止できていないことを謝罪」し、以下のように台北タイムズで引用されています。


それにも関わらず、同記者会見後に、「原発企業への訴訟についての文言を削除する」とは、全く矛盾した行為です。


Mr. Sato's action is quite contradictive and sad to observe.  Mr. Sato offered his apology as a Japanese national not to be able to block the export of Japanese nuclear companies, and at the same time, he deleted the wording of "the lawsuit against nuclear manufacturers" in the Joint Statement right after the press conference.


台北タイムズによる佐藤氏のセリフは以下の通りです。
http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/10/taipei-times-covered-nnaf-story.html


「佐藤氏はまた、日本人として、日立や東芝などの日本の企業が原子力を台湾の貢寮にある第四原発建設に向けて輸出したことを止めることができなかったことを謝罪した。」

Saito also apologized in his capacity as a Japanese national on behalf of Japanese companies Hitachi Ltd and Toshiba Corp for exporting nuclear reactor modules to Taiwan that were used in the construction of the Fourth Nuclear Power Plant in New Taipei City’s Gongliao District (貢寮).







佐藤大介氏によれば、台湾で若い女性ボランティアにセクハラ事件があったと言う話も出ていますが、チェさんの提案する原発企業への訴訟との関連はまったくありません。


またチェさんがセクハラ加害者でもないのに、チェさんを糾弾する文書の中にわざわざ入れてあるのは全く焦点がずれているし、チェさんの人格を間違って貶め、誤解を生むのではないかと危惧しました。


(セクハラ事件を訴えるなら加害者のトルコの人に直接言うべきなのに、問題のトルコ人男性は名前も出ていません!文末参照)




According to Mr. Daisuke Sato, there was some sexual harrassement incident, of which content sounded irrelevant to Mr. Choi's effort against nuclear manufacturers.


Most of all,  Mr. Choi was not the perpetrator himself, but the sexual harassement part was mixed into the document which tried to accuse Mr. Choi.  I thought this sounded "off the point" and could lead to some misunderstanding and could damage Mr. Choi's personal reputation in a wrong manner. 


(Strangely, the sexual perpetrator's name (Turkish male) was even not mentioned.)






このようなことで大事な活動(今回はチェさんの原発メーカーへの訴訟)が阻害されている現状を見ると、非常に残念です。




It is sad to witness a situaion where an important activity is being obstructed by Mr. Daisuke Sato, Secretary General of NNAF.




竹野内真理、フリージャーナリスト


Mari Takenouchi, freelance journalist






The 2014 No Nukes Asia Forum Joint Statement
September 26 ~29, 2014
ノーニュークスアジアフォーラム2014共同声明
(2014年9月26日から29日)台湾、台北市にて
Taipei, Taiwan





“Our world is faced with a crisis that has never before been envisaged in its whole existence… The unleashed power of the atom has changed everything save our modes of thinking, and thus we drift towards unparalleled catastrophe.” Albert Einstein, Bulletin of the Atomic Scientists, May, 1946


1946年5月号のブレティン・オブ・アトミックサイエンティスト誌にはアルバート・アインシュタインの「我々の世界は存在以来かつてないほどの危機に見舞われている。原子の力が解き放たれたことで、我々の考え方を含むすべてが変わり、未曽有のカタストロフィーに向かって我々は流されつつある。」



The unparalleled catastrophe predicted by Albert Einstein fell upon Fukushima in 2011, in the form of the worst nuclear accident in Asia, where situation is worsening by every passing day. TEPCO, the operator has literally no way to fix the crippled reactors. The Advanced Liquid Processing System failed to “purify” radioactive components, and desperate measures like ice walls have failed to function.


アルバート・アインシュタインによる未曽有のカタストロフィーはアジアにおける最悪の原子力事故という形で、2011年、福島に訪れた。事業者である東京電力は、壊れた原子炉を修復する術を文字通り持ち合わせていない。高度な汚染水処理システムは、放射性物質を浄化することができず、頼みの綱の氷土壁も機能していない。






As a result, tons of contaminated water is directly discharging into the Pacific Ocean. Dangerous levels of radiation have been routinely detected in meat, fish, vegetables, fruits, soil, sea water, and from human blood and urine. As this endless horror of the NPP accident continues to shock the world, the agony and sorrow of the victims who have been exposed to radiation are equally disturbing.



Sharing our collective anguish at this worsening situation, we came together to highlight the nuclear threat that people in Asia continue to face.


その結果、太平洋には計り知れない量の汚染水が直接流れ込んでいる。危険なレベルの放射能が肉、魚、野菜、果物、土壌、海水、そして人体の血液と尿から検知され続けている。この終わりなき原子力事故の脅威は世界を震撼し続け、同時に放射能の被害者の苦悩や悲しみは続く。
悪化する福島事故の状況に対する人類全体としての苦悩を分かち合い、我々はアジアにおいて人々が直面し続ける原子力の脅威にスポットライトを当てるため、今ここに集う。


Preventing Asia to become the hunting ground of the nuclear industry`s primitive profit machine, we make the following country-specific demands:


アジアの国々が、「原子力産業からの野蛮な金儲け装置の餌食となること」を避けるため、以下の各国の要求を記す。




Taiwan 台湾:



We urge the Taiwanese government to stop operating NPP 1 to 3 immediately and to abolish NPP 4 permanently. We oppose the so-called interim spent fuel dry storage facilities at NPP 1 and 2, since they are likely to become permanent high level nuclear waste dump sites.


台湾政府に直ちに稼働中の第一原発から第三原発までを停止させ、第四原発も永久に放棄することを要求する。また、恒久的な高レベル廃棄物施設となる可能性のある、第一原発と第二原発の中間貯蔵施設設置にも反対する。


Nuclear-free homeland, the consensus reached by all major parties in 2001 and being a goal regulated by the Basic Environment Act in 2002, should be implemented without further delay. Effective measures should be adopted to reduce energy consumption, to increase energy efficiency, and to promote
renewable energy development.


2001年に全ての主要政党により可決した「核のない祖国」および2002年に「環境基本法」設定された目標は、遅延させることなく実行されるべきである。エネルギー消費を抑えるため、そしてエネルギー効率を増加させるため、再生可能エネルギーの発展を促進するため、効果的な対策が採択されるべきである。


We demand that policies regarding nuclear energy should be decided by the people through democratic means. Therefore, the referendum on NPP 4 proposed through the petition of people should not be denied.


我々は原子力エネルギーに関する政策が、民主的な手段に基づき、人々により決定されることを要求する。よって、第四原発に対する住民投票は拒否できないもののはずである。





Japan 日本:


Firstly, the Japanese government should abandon the restarting plans of all NPPs including Sendai NPP in Kyushu, located in the earthquake-prone archipelago.


まず第一に、日本政府は九州における川内原発再稼働を含めた、地震国である日本列島にあるすべての原発の再稼働を放棄すべきである。


Secondly, it has to admit the grave risk facing the children in Fukushima, where more than 100 children, 300 times higher than normal rate, had been diagnosed as thyroid cancer, and some even have metastasis in their lymph nodes or lungs.


第二に、日本は通常の割合の300倍とも言われている100人を超える子供たちの甲状腺がん、そして中にはリンパ節や肺にまで転移している事実を鑑み、福島の子供たちへの多大なリスクを認めなければならない。


Japanese government should immediately stop “Ethos”, a project that encourage people to live in contaminated areas in Fukushima, and admit their right to relocate and give them necessary financial support.


日本政府は直ちに福島の汚染地帯に人々を住むように奨励する「エートス」プロジェクトを止め、住民に移住の権利と必要な経済的なサポートを提供すべきである。



Workers at the NPP should be protected and given appropriate compensation too. At the same time, we hope that every country generously provide those children in contaminated areas a clean environment for their recovering.


原発労働者は保護され、適切な補償が与えられるべきである。同時に、すべての国々は、寛容の心をもって、汚染地帯の子供たちの健康が回復できるよう、汚染されていない地域の提供を行うべきである。





South Korea 韓国:


South Korea has the largest density of NPPs as per population and space. It has one of the most accident-prone NPPs due to poor management and operation, and the administration of NPPs in South Korea has exposed its inadequate safety measures and rampant corruption.


韓国は人口一人当たり、面積当たりの原発の密度が最も大きい国である。しかも粗野な管理と稼働体制のため、最も事故を起こしやすい原発を抱えている。韓国における原発行政は、不適切な安全対策とはびこる腐敗体制を露呈してきた。


Therefore, we demand the immediate shutdown of the outdated NPP's in Kori and Wolsong; we demand that all the 23 NPP facilities should be phased out; we demand that no additional nuclear power plants should be installed; furthermore, we demand that S. Korean government should not be involved in brokering the NPP international trade.


よって古里と月城にある老朽化している原発の即時停止と全国23基の原子炉の段階的停止、新規原発の廃止を求める。また、韓国政府に、国際貿易において原子炉ブローカー事業に参入しないことを求める。


We support the aspirations of the Korean people of conscience for the nuclear-free nation on Korean peninsula.


朝鮮半島における原子力のない世界を構築したいと言う韓国国民の願いを支持する。





Mongolia モンゴル:


We call for every country, especially Japan, Korea and Taiwan governments, not to import nuclear fuel material from Mongolia. There are many nomadic people in Mongolia whose lives and livestock are suffering from Uranium extraction. At the
same time, we request every nuclear-industrial countries not to export any nuclear-related waste to Mongolia and any other country in the world.


全ての国、特に日本、韓国、台湾政府には、モンゴルから核燃料物質を輸入しないよう求める。モンゴルにはウラン発掘により自らの声明や家畜が苦しんでいる遊牧民が多数存在する。同時にすべての原子力保有国にモンゴルやその他の国に、核廃棄物を輸出しないように求める。





India インド:


The Indian government is undertaking a massive expansion of nuclear energy program, in complete denial of Fukushima. It is importing large number of reactors from the US, France, Russia etc. as part of the bargain that it did to end its isolation after nuclear tests and enter the nuclear weapon states club.


インド政府は福島をまったく無視し、原子力計画の多大なる拡大を進めている。核実験実施後、孤立を避け、核保有国の仲間に入るために、米国、フランス、ロシアなどから多くの原子炉を輸入している。




To implement its commitment to international nuclear vendors, India has diluted its nuclear safety, environmental and liability norms and is resorting to brutal violence on the local communities resisting these projects.



国際的な原発事業者に対しコミットメントするため、インドは原子力における安全、環境、賠償における責任問題を薄め、原子力計画に反対する地域住民に対して残虐な暴力をふるっている。



India, along with other Asian countries, must oppose the Convention on Supplementary Compensation (CSC) which shifts the burden of liability from the manufactures / suppliers to the tax payers.


他のアジアの国々と共に、インドは、原子力製造業者や供給業者が負担を国民(納税者)に押し付けるCSC(原子力損害補完的保障条約)に反対しなければならない。


We demand an immediate stop on this nuclear misadventure and violation of the human rights of anti-nuclear activists in India.


我々は原子力の乱用およびインドにおける反原発活動家の人権侵害を直ちに停止させることを要求する。





The Philippines フィリピン:


There is an energy crisis in the country made evident by the rotating blackouts and the El Nino phenomenon. The privatization of power plants has become atrend.


計画停電やエルニーニョ現象などでエネルギー危機に見舞われており、発電所の民営化がトレンドとなっている。


The President expressed interest on nuclear energy but little interest in the renewable energy even if the Renewable Energy Law has been passed few years ago. One Congressman is pushing anew to rehabilitate the Bataan Nuclear Power Plant in Morong, Bataan which was constructed some 30 years ago and was built with people’s money amounting to US$ 2.3 billion but never operated.


フィリピン大統領は数年前に「再生エネルギー法」が通過したにもかからわず、再生エネルギーにはほとんど注目せず、原子力に興味を持っている。ある議員が30年前に国民の税金でおくる230億米ドルもかけて建設されたバターン原発の再生を強行しようとしている。


The Department of Energy has plans for 13 new prospective sites for nuclear power plants all over the country. But all these are facing strong opposition from the Catholic Church and the Filipino people.


フィリピンエネルギー省は全国に13か所もの原子力発電所予定地の計画を展開している。しかしこれらはすべてカトリック教会とフィリピンの人民に反対されている。





Turkey トルコ:


The Turkey government wants to build NPPs, and comes up with untenable justifications citing energy deficit. Turkey ımports 72% of its total energy needs. Therefore it is planning 3NPPs – the first in Mersin (Akkuyu), then Sinop and İğneada. But only 4800MW power cannot solve72% energy deficit.


トルコ政府は根拠のないエネルギー不足を原発を建設したがっている。トルコの政府はもともとエネルギー全需要量の72%を輸入に頼っているため、3つの原発をMersinとSinop、Igneadaに建設したいと計画しているが、これら4800MWの原発の発電力では72%のエネルギー不足をまかなう事は到底できない。


The anti-nuclear groups assert that Turkey must get its energy from renewable sources. The solar energy potential is very hıgh in Turkey. We are opposed to nuclear energy in Turkey and in the entire world.


反原発グループは、トルコは再生エネルギーからエネルギーをまかなうべきだと主張している。トルコでは太陽光のポテンシャルは非常に高い。我々はトルコおよび全世界における原子力に反対する。





Hong Kong 香港:


We demand immediate closing down of the seven operating nuclear reactors at Daya Bay, Ling Ao and Yangjiang, and the cancelation of the forthcoming over 200 nuclear reactors plans in China. We demand zero nuclear power and weapon on the planet earth.


我々はDaya Bay、Ling Ao、Yangjiangにある稼働中の原発の即時停止と、中国における200基もの原発建設計画の廃止を求める。我々は地球において原発も核兵器もゼロであるべきと考える。


We strongly condemn the Japanese government's suggestion of raising the human radiation dose legal standard to 20 millisievert per year. We also demand that the ICRP and IAEA to review the 1 millisievert per year safety level discourse, to specifically and additionally consider the enormous health risks of children and pregnant women under radiation and to enhance our awareness of the harm of low-dose radiation.


我々は日本政府が人体への放射線許容量を20ミリシーベルトまで引き上げたことに対して強い非難を表明する。また、ICRPとIAEAに対し、特に子供と妊婦への多大な健康リスクを鑑み、また低線量放射線の害についての我々の認識強化のためにも、1ミリシーベルトの安全許容量の見直しをすることも求める。


We suggest human societies to rethink what is meant by development and the necessity of it. Development may never mean good life when it becomes one of the best rhetorical tools of exploitation by corporations and governments.


我々は人間社会が、何を発展というか、また発展の必要性について再考すべきであると考える。「発展」は、「企業や政府による搾取のための表面的な言葉上の道具」となる時、決して我々の生活をよりよくするものではない。


------------------------------------------
As mentioned above, we strongly oppose nuclear power, which produces radioactive wastes and can lead to a catastrophic accident, threatening the survival of environment and human-beings. Some of the nuclear power projects came from the Nuclear Non-Proliferation Treaty which has been notorious for its dichotomy of promoting nuclear power in return for not making nuclear weapons. We strongly condemn this NPT system.


上記にあるように、我々は、各廃棄物を生み出し、過酷事故につながる可能性があり、環境や人類の存続を脅かす原子力に反対する。原子力計画の中には、核兵器を作らない代わりに原子力を推進するものとしてその矛盾が悪名高い核不拡散条約(NPT)からくるものもある。よって我々はこのNPTを強く非難する。


We strongly demand all countries to give up nuclear power plants as they can be used to make nuclear weapons. NPP and nuclear weapons cannot be separated, and we reject all wars and aggressions.


我々はすべての国が、核兵器にも転用できる原子力を放棄することを求める。原発と核兵器は切り分けられるものではなく、我々は全ての戦争と侵略行為を拒否する。





We also urge the UN to admit the tremendous adverse effects of radiation on the environment, population and coming generations, and to promote the worldwide nuclear phase-out.


我々はまた国連に対し、放射能の環境、人口、未来世代への多大な悪影響を認め、世界で脱原子力を推進することを求める。


It is time to abolish uncontrollable nuclear technology and think about alternative energy like wind power, solar power, biomass, etc. We want better regulations for these technologies as well.


今我々は制御できない原子力テクノロジーを放棄し、風力、太陽光、バイオマスなどの代替エネルギーの選択を考慮する時期にある。そしてこれらのテクノロジーであっても、よりよく制御していく必要もある。


No one can escape form the risk posed by nuclear power. The lessons of Fukushima, Three Miles Island, and Chernobyl accidents must be learnt. We must strive together to create a nuclear-free country, a nuclear-free Asian and a nuclear-free world.


原子力からもたらされるリスクから逃れられる人間は存在しない。福島、スリーマイル、チェルノブイリ事故の教訓は学ばれるべきである。原子力のない国、原子力のないアジア、原子力のない世界を構築するため、我々は共に歩むべきなのである。



All Participants of 2014 No Nukes Asia Forum
September 26-29, 2014, Taipei, Taiwan


ノーニュークスアジアフォーラム、全参加者一同
2014年、9月26日から29日、台湾国、台北にて


**************






佐藤大介氏が拡散している「非難の書簡」


The letter of complaint circulated by Mr. Daisuke Sato, Secretary General of No Nukes Asia Forum, Japan Office


「台湾での第16回ノーニュークス・アジアフォーラムに関連して」
Re: 16th No Nukes Asia Forum in Taiwan

2014.10.4 ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局・佐藤大介


By Daisuke Sato, Secretary General of NNAF





 第16回ノーニュークス・アジアフォーラム(9.26~29)の声明文についてですが、27日午後の声明文討議で出された意見のほとんどは、各国から原案に対して、各国に関する記述をこれこれ追加してほしいとの意見でした。




As for the Joint Statement of the 16th NNAF, most opinions submitted in the afternoon of 27th was request to add some description regarding the each country's report.




しかし28日朝突然チェ・スング さんと山本さんが、原案にあった台湾に関する記述をかなり削減した文案を提示しま した。


However, suddenly on the morning of 28th, Mr. Choi and Ms. Yamamoto submitted a statement which deleted significant portion of the original statement made by the Taiwanese delegates.  

28日午前、声明文修正・追加作業が行なわれましたが、第二・第四原発訪問お よび現地の人々との交流と併行して行なわれたため、時間が限られており、台湾主催者側は、もめたくなく、了解してしまいました。


On the morning of 28th, modification and addition were made to the Statement while the visit to No2 and No4 NPP was underway.  Since the time was limited and Taiwanese delegates did not want to make any troubles, they accepted Mr. Choi and Ms. Yamamoto's proposal.


(竹野内注:正直、原文は全面的に書き直しが必要なレベルの英文だったと思います。私は山本さんとチェさんはよく、声明文をより意味の通じ、また内容も深いものにしてくださったと感謝しています。「もめたくなかったその他うんぬん」は後からの言い訳に聞こえ、言い分があるのであれば、その場で言えばよいだけのことだと思います。


また山本さんとチェさんは、他の反原発団体が無視している「エートス」(汚染地帯でも人々が住み続けるのを奨励するプログラム)についての記述を入れて下さっていて、私は大変うれしく、感謝しています。)




(Takenouchi's Note: To be honest, the original statement had many English mistakes and some of the contents were not very clear...I thought Mr. Choi and Ms. Yamamoto did a very good job through their efforts.  If any of them in the meeting had any objection against their draft, they should have done so on the spot.


In addition, Ms. Yamamoto and Mr. Choi included the description of "ETHOS (a program in which residents are encouraged to live in contaminated areas)," which has been ignored all the anti-nuclear organizations in Japan.  I was very grateful for them...)





さらに、チェさんと竹野内さんは、29日の記者会見直前に、原発メーカー訴訟についての数行の追加を要求しました。これは、コンセンサス(合意)がなかったため、最終的に削除されました。




Moreover, Mr. Choi and Ms. Takenouchi requested for addition of few lines on lawsuit against nuclear manufacturers just before the press conference of 29th.  However, their request was deleted in the final version (after the press conference) since there was no consensus.




(竹野内注:私は前の晩に台湾の主催者から、「声明への提案を今晩中に提出して下さい」と全員に向けて言われていたため、インド代表のKumarさんの提案と共に、手書きで加筆してほしいことを入れて28日の夜に提出しただけでした。佐藤大介氏のこの記述は全くの間違いであり、誤解を生みますから訂正してほしい。




他にも同タイミングで組み入れられた提案は多数ありましたが、これ以外は組み入れられていました。つまり他の提案はすべて「全員がいないにもかかわらず、コンセンサスがなぜかとれていました」。


ところが、「原発企業への訴訟」がなぜ、記者会見後にあまり人に知られることなく削除されたのか?そもそも「最も重要な活動であるこの部分のみ削除」、というのがなんとも不可解でなりません


記者会見の後、佐藤大介氏を含めた、どなたとどなたの決定で削除されたのか、逆に具体的に知りたいです。外国の代表者も帰った後のこの削除決定は、それこそコンセンサスが取れていないのではないかと考えます)




(Note by Takenouchi: I gave my request on the night of 28th, when Taiwanese delegates asked the participants to submit the final request after viewing the draft made on the daytime of 28th.  I submitted my handwriting request along with Mr. Kumar, the Indian delegate Mr. Kumar upon Taiwanese delegates' request.  Accordingly, the description above by Mr. Daisuke Sato is not correct and could lead to misunderstanding and I want this portion corrected by Mr. Sato. 


In addition, there have been many items included at the same timing for the press conference, and strangely, "only the lawsuit against nuclear manufacturers part was deleted" due to" lack of consensus of everyone".  But other items did not have everybody's consensus neither, and I wonder why only "lawsuit against nuclear manufacture" had been deleted after the press conference while it was not known to many people...


I want to know whoes decision (must be plural members including Mr. Daisuke Sato) it was to delete this nuclear manufacuteres’ lawsuite portion after the press conference.  I believe the consent of deleting nuclear manufacuteres' portion was NOT acquired after the return of almost all the foreign delegates.)





これまでの第1回から第15回までのノーニュークス・アジアフォーラムで、他者を尊重せずに、自己の主張を強引に押し通そうとする、こういった「やり方」をした参加者は一人もいませんでした。




There have never been a single participant who did not respect other people and tried to impose one's own assertion like them until the 16th NNAF. 


台湾の人の多くはとても穏健で、「NO」といいません。それをいいことに、フォーラム準備の段階から、チェさんは実にさまざまな要求を、この数ヶ月間、何度も出し、その強引さで台湾の主催者側の多くの人をうんざりさせました。心労を重ねた台湾側から、どのように対処したらよいだろうかと何度も相談の連絡が入りました。私が何度も電話でチェさんに「それは主催国の主体性に任せましょう」と伝えたことに関しても、繰り返し要求をしていました。たとえば誰を基調講演者にするかについて、海外からの一参加者であるチェさんがあれほど強硬に口を出すべきではありませんでし
た。




Taiwanese delegates are very mellow and they never say, No.  Takeing this as an advantage, Mr. Choi has submitted his requests several times during the past months, which made the Taiwanese tired.  I have been consulted by Taiwanese delegates many times for Mr. Choi's persistance.


Though I told Mr. Choi on the phone, "Let the issue leave to the host nation," he made his requests repeatedly.  For example, he was requesting who should make key note speech, and he should not have forcibly pressed his ideas. 





また、1月に台湾で主催者側と打ち合わせをした際に、モンゴルからの参加者はチェさんが推薦し、トルコからの参加者は佐藤が推薦すると約束しましたが、チェさんと土田さんが、勝手にトルコから2人を呼びました。勝手に呼んだのではないとおっしゃるでしょうが、私たちが連絡を取ろうとした人物からの応答が遅れていると知ったチェさんは、「今すぐ土田さんに連絡しろ」と繰り返し命令口調の英語のメールを送り、台湾側を驚かせました。今回のトルコ人の人選は非常に不透明なものとなりました。そのようにしてやってきたトルコ代表は、宿舎はすべて相部屋なのに、土田さ
んとトルコの2人は個室を要求し、トルコ人男性がその個室に台湾の女性ボランティアスタッフを呼びつけ、腹や太ももに触るというセクシュアルハラスメントをしました。当人に抗議します。




In January, when I made some talk with the Taiwanese delegates, we agreed that Mr. Choi will recommend one participant from Mongolia and Sato, myself will recommend one participant from Turkey.  However, Mr. Choi called two people from Turkey without consent.  Mr. Choi would insist that he did not invite them without any consent, but he repeatedly sent English mails ordering, "Contact Mr. Tsuchida immediately", which astonished the Taiwanese delegates and resulated in shady selection of delegates from Turkey.




The Turkish delegates and Mr. Tsuchida demanded single rooms though all the delagates shared the rooms, and the Turkish delegate called Taiwanese volunteer female staff to his room and conducted sexual harassement, touching their stomach and thighs.  I will protest against him later.



チェさんが呼んだ、土田さんとトルコの2人とモンゴルの代表者は他にも、金銭問題などいくつかのトラブルを起こし、台湾主催者側に迷惑をかけました。
こういったことは、これまでの第1回から第15回までのノーニュークス・アジアフォーラムではなかったことです。




Mr. Tsuchida and 2 Turkish delegates, whom Mr. Choi had invited, made some troubles including money trouble, which annoyed Taiwanese delegates.  This kind of trouble had never been observed during the 1st to 15th NNAFs.



これまでのフォーラムでは、自分の意見を押し付けたりせず、お互いの意見や状況や立場を尊重しあって対等な信頼関係を作ってきました。また、丁寧に関係を作ったうえで招待していました。




In the previous NNAFs, we have built up relationships of trust from equal stance respecting each other's opinions and circumstances, and invited delegates after constructing such relationship.



チェさんたちのノーニュークス・アジアアクションという国際ネットワークは、来年モンゴルで国際会議をする予定と聞いています。チェさんは名実ともにご自分のネットワークで素晴らしい「国際連帯運動」を展開できる方なのですから、どうか、ノーニュークス・アジアアクションとして「国際連帯運動」を発展させていってくださ
い。


アジア地域には、NNAFだけではなくさまざまな国際ネットワークがあります。 れぞれの目的や方法論に合致するネットワークに、それぞれが取り組めばいいことです。




I heard that Mr. Choi is going to hold No Nukes Asia Action in Mongolia next year.  Mr. Choi can utilize his own  wonderful network and disseminate International Solidarity Movement under the name of No Nukes Asia Action.


In Asia, there are various international networks apart from NNAF and people can tackle with thier issue in accordance with their purpose and methodologies. 




ノーニュークス・アジアフォーラムへの参加はご遠慮願いたいと思います。




I hope they refrain from participating No Nukes Asia Forum in the future.


**************


竹野内の追記


Post Script by Takenouchi


今朝、NNAF事務局の佐藤大介氏のこの文書を見て私は正直驚きました。


I was astounded to see Mr. Daisuke Sato, Secretary General's above document.


佐藤大介氏の理論は、Divide and Conquerの理論のように聞こえてしまいます。


His theory sounds like, Divide and Conquer from the establishement side.


なぜがんばっているChoiさんを強硬に排除し、運動体を小さくしようとするのか、そもそも排除しようとしている佐藤氏自身が、対等な立場に立ち、お互いの意見を尊重すべきという持論に反していないでしょうか?


Why does Mr. Sato try to forcibly exclude Mr. Choi who has been making efforts and shrink the movement as a whole?  Does Mr. Sato act in accordance with the norm he suggested?  In other words, does Mr. Sato respect other people's opinion and communicate with the equal stance?


また、佐藤氏の行為は、残念ながら、今回の例でも、私が直接体験した過去の例でも、佐藤氏のおっしゃる「対等の立場」、「他者を尊重する立場」、「丁寧に信頼関係を築き上げる態度」が見られたか疑問です。


To be honest, quite regretfully, from the observation of this letter or the past experiences, Mr. Daisuke Sato's acts may not be deemed as "fair" or "respecting to others" or "based on cordial relationship of trust" of his words.




これを見るまでは、黙っているつもりでしたが、佐藤氏には2003年台湾でのNNAFで、「竹野内が佐藤氏から土下座をされて謝られたこと」があります。


I have never disclosed this episode until I found this Mr. Sato's letter, but as a matter of fact, Mr. Sato apologized me with his knees down to the floor in NNAF 2003.


本当に不可解な出来事でした。


His deeds were very very mysterious.


まず2003年のNNAFの会議で、私は佐藤大介氏にボランティア通訳を頼まれ(航空券は自腹。ボランティア通訳としてはNGOでも航空券代くらいは負担するので珍しい事でした)、ふたを開けたら同時通訳をできる人がいないので、私は一日8時間ものひどく疲れる通訳を担わされました。


In 2003 NNAF, I was asked to do volunteer interpreting by Mr. Daisuke Sato (However, airfare was paied by myself, which is even unusual for a NGO) and since there was nobody who could do the simultaneous interpreting besides me, I had to work 8 hours by myself.


それでも台湾電力会社が近くにあることを知った私は、休み時間にでかけていき、元GEの菊池洋一さんが書いてくれた原発の地震に弱い部分を書いた図をもって、説明に出かけました。


Yet, in the lunch break, I visited Taiwan Power Company and explained about the weak points of Boiling Water Reactors based on the chart drawn by Mr. Yoichi Kikuchi, a former GE engineer.


「地震が来たら、沸騰水型では再循環ポンプや配管のノズル部分、原子炉が設置されているスカート部分が弱いですし・・・」といった私の話の重要さに、なんと台湾電力はエグゼキュティブまで出てきて、私にさらに、「行政院長をNNAFの記者会見に呼ぶから、あなた、そこでもう一度この話をしていただけませんか?」とお願いされました。


"When earthquake comes, BWR's recirculation pumps, nozzle parts of pipes, and skirt part beneath the reactor itself are vulnerable and..."


Listening to my talk, the Taiwan Power called in their executives and then, they even told me that they would even invite the Executive Yuan Councilor at the NNAF press conference, and they asked me to explain the same thing to the Councilor.


大喜びだった私。ところが、NNAFの記者会見の当日、なんと佐藤大介氏は、私を記者会見会場から排除しようとしたのです!


それを傍らで見ていた台湾の代表の一人(今回も会えました)が、「なにをしているんだ!彼女のおかげで行政院長が来ることになったんだぞ」と佐藤氏を制してくれ、おかげで私は記者会見会場に入れたのです。


I was so delighted at this good news.  However, on the day of NNAF press conference, Mr. Daisuke Sato tried to exclude me from entering the press conference room!!


Watching this, a Taiwanese delegate (I met him this time, too!) yelled at Mr. Daisuke Sato, "What on earth are you doing?  Thanks to her, the Executive Councilor is coming to our press conference!" and I was able to enter the room despite Mr. Sato's obstruction.




その後、佐藤氏は、私のところにやってきて「土下座」をして謝りました。別に私は本人に直接怒りませんでしたが、芝居じみた彼の行為に、違和感は禁じえませんでした。


なぜ自ら土下座するようなことをそもそも私にしたのでしょうか?また、土下座をしたのはおかしな行為をしたことを私に拡散されなかったためなのでしょうか?


After the conference, Mr. Sato came up to me and apologized with his knees on the floor.  I did not directly scolded him in person, but I could not erase this feeling of distrust toward him.  In the first place, why did he do such a thing to me if he knows that that deserved apologizing with his knees on the floor?  Did he do that in order to ask me to keep silence on his distrustful behavior?




当時、部屋をシェアしていて仲良くさせてもらっていた、広島出身の故・大庭里美さんも一部始終を見ていたので、「本当に佐藤大介氏はおかしい、前からおかしいと思っていたが本当におかしい、佐藤大介氏のような方が、NNAFの日本のリーダーでは、アジアの反原発運動は広がらない」と憤っていました。


The late Ms. Satomi Oba, an activist from Hiroshima who shared the same room and was a good friend, also observed this incident and said to me, "Mr. Daisuke Sato is really shady.  I thought so even before this NNAF, but this time's participation made me think he was truly shady.  Anti-nuke movement cannot be spread if a person like Mr. Sato is the leader of NNAF in Japan!"


今回も佐藤氏は、いつの間にか上記のような誤った情報を含む、私にまでの批判を当てた文書を拡散しています。


This time, Mr. Sato is disseminating the above mysterious document including incorrect information and criticism against me as well.


これ以前にもおかしなことがありました。


なにかの手違いで、チョイさんを含めた参加者の半数位が突然記者会見への参加不可能になったのです!


話によると、核廃棄物上のあるランユ島の見学がなぜか突然早まり、記者会見に参加せずに半数の参加者が、飛行機に乗らねばならなかったのです。


Prior to this, half of the NNAF participants including Mr. Choi and Ms. Yamamoto could not join the press conference at the last moment!


According to them, for unknown reason, the visit to Orchid Island with nuclear disposal facility was moved up and they had to fly the day before the press conference.


このような手違いというのを、私は、聞いたことがありません。


I have never heard of such misconduct...


それで何人もの日本人参加者の皆さんから、「どうも佐藤大介さんは頼りにならない。竹野内さん、あなたは英語もできるし、声明文の訂正と、記者会見、台湾の経済省前の抗議、よろしくお願いします」と言われていました。


Naturally, I heard some words coming from several Japanese participants saying, "We cannot really depend on Mr. Sato.  Ms. Takenouchi, you can speak English, too. Please take care of the Joint Statement final version and tomorrow's press conference and the presentation in front of the Ministry of Economy."


記者会見では、佐藤氏は日本の原発企業を批判を含め良い発言もされていましたが、なぜか記者会見後、海外ゲストが帰国した後、声明文から「原発企業訴訟」の部分を削除しました。


At the press conference, Mr. Sato did make some good comments including the responsibility of Japanese nuclear corporations, but after the press conference, as mentioned in the above, he deleted the wording of "lawsuit against nuclear corporation" from the Joint Statement.


佐藤大介氏の意図はいったいなんなのでしょう。


I am sorry to say this but I cannot actually understand the true intention of Mr. Daisuke Sato...




非常に疑問に感じています。


I am quite dubious of his actions...




今回の貴重なNNAFの体験を通じ、私は以下のことを考慮してもよいのではないかと考えました。


Through the experience of NNAF 2014, I thought the following things could be considered more in the future for NNAF.


*******************************
1. NNAF should be more open and should not be controlled by limited members.


1.少なくともNNAFはもっと開けた環境であるべきです、少数の人々によりコントロールされるべきではないと思います。


2.If some wording of Joint Statement should be deleted (this time, "The Lawsuit against Nuclear Corporations"), consensus should be made among the participants.


2.共同声明からなにかを後から削除するのであれば(今回は原発企業の訴訟の問題)、参加者の間でコンセンサスがとられるべきと思います。




3.Unless some wrongdoing (such as sexual harassment) was conducted, nobody should be excluded from NNAF participation.


3. (セクハラなどの)誤った行為がない限りは、NNAFの参加から、誰でも排除されるべきではないと考えます。


4.The information exchange of each nation was very valuable.  However, there could be some Action Plan in the future.  (If unanimous consensus cannot be made, it should be OK to disseminate such actions from participatns and those who have will can do it.)


4. 各国の情報交換は非常に有意義でした。ただ、アクションプランのようなものがあってもよいと思いました。 (NNAFで満場一致しなくも、少なくとも提案されたアクションについては情報提供され、やりたい人だけでも実行すればよいと思います)


5.The situation of Asian nuclear power promotion is very grave and worrysome.  Those who have will, especially the radiation victims, local residents of nuclear facilities, young people should be welcomed to take more parts to sprad this movement.


5.  アジアの原子力の状況は非常に深刻です。放射能の被害者、原発地域住民、若者など、志を持った人々がどんどん参加して、この運動を広げて行ければと思います。







2014年8月29日金曜日

2 Thyroid Cancer Fukushima Kids had metastasis in their lungs! 福島の甲状腺がんの子供2人に肺転移!

Now French available at
http://www.fukushima-blog.com/2014/10/des-metastases-aux-poumons-retrouves-chez-des-enfants-de-fukushima-atteints-de-cancer-de-la-thyroide.html




悲しいニュースが流れました。福島の甲状腺がんの子供で肺に転移した子どもが二人も出たと言うのです。

I heard a very sad news today through Kyodo News Agency.  There have been 2 Fukushima thyroid cancer kids who got metastasis in their lungs.

私は原発事故直後からずっと、子供と妊婦の移住を訴えてきました。

I have been calling for evacuation of kids and pregnant women since right after Fukushima accident.

いくら食べ物に気を付けても、呼吸はせざるを得ず、自分も東京における3月15日の初期被曝で咳が出続けましたし、私が最も恐れていたのは肺がんだったからです。

No matter how careful you are on what you would eat, nobody can stop breathing.  I myself had persistant coughing after March 15 radiation exposure in Tokyo and what I was afraid most was lung cancer.

2011年秋、1日だけ福島を訪れたことがあります。その時、福島では女性の駅伝大会のポスターが張られ、宣伝されており、私は背筋が凍りました。

I visited Fukushima just one day in autumn 2011.  That day, my spine got frozen by seeing  advertising posters of Women's Marathon Race in Fukushima.




その後も放射線管理区域と同等以上の線量の場所で、子供たちのマラソン大会が行われていました。

NHKなどの公共放送が、甲状腺がんの発生には一つも触れず(なぜかNHK国際では触れましたが、国内の放送では全く触れません)、福島の子供たちの屋外での運動会や果物狩りを盛んに宣伝しています。

 

After that, I got to know that even children's marathon races were being held in areas with doses equivalent to radiation control areas. 

NHK, Japanese public TV station, never touches upon the thyroid cancer incidence in Fukushima (though they did in NHK international, they never did in domestic programs), and instead, keeps covering children's outside sport festivals and fruit-picking in Fukushima.

国は福島への住民の帰還に向けたプログラムを勧め、このような大事なニュースは決して公共放送のNHKなどではやりません。

NHK shows programs which encourage residents in contaminated areas to go back their home town, and they never show this kind of serious issues.

一方、私は福島に子供を居させ続けることは人体実験とツイートで発言しただけで、福島に人々が住み続けることを推奨する団体から刑事告訴を受け、その後もネット上の嫌がらせ者からの脅迫が絶え間なくあります。

Meanwhile, I was even criminally accused by a leader of ETHOS, a Fukushima NGO which encourages residents to keep living in their homeland, and have been threatened by countless internet obstructors.

自国の子供たちを見捨てるような政府やマスコミは、完全に狂っています。

I truly believe any government or media which ignores their own people's children's health/lives is insane.

ちなみに安倍首相はNHKチーフプロデューサーからの政治献金隠しで最近、刑事告発を受けましたが、NHKはこの大事なスキャンダルをも無視ています。

http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/08/pm-abe-tried-to-hid-donation-from-nhknhk.html

In addition, recently, Prime Minister Abe was criminally accused for covering up the political donation from NHK Chief Producer, but NHK has been ignoring this important scandal.

http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/08/pm-abe-tried-to-hid-donation-from-nhknhk.html


私はこのことを世界の人に知ってほしいです。

I want these facts to be known among all the conscious citizens in the world.



***************************
From Kyodo News

福島県立医大の鈴木真一教授は28日、東京電力福島第1原発事故を受け福島県が実施している甲状腺検査で、がんの疑いが強いと診断、手術した子供の具体的な症例を横浜市で開かれた日本癌治療学会で報告した。

On August 28 at the Japan Cancer Treatment Society, Professor Shinichi Suzuki from Fukushima Medical University reported concrete examples of children who have or suspected to have thyroid cancer throught the Fukushima prefectural thyroid examination after Fukushima Daiichi accident. 

 がんは原発事故の影響とは考えにくいとの見方を示した上で、過剰診断や必要のない手術との声が上がっていることに触れ「基準に基づいた治療だった」と強調した。

After explaining his perspective showing that the possibility of the nuclear accident influence is little, he stressed, "his treatment was in accordance with the standard." 

 福島県の甲状腺検査は震災発生当時18歳以下の約37万人が対象。これまで甲状腺がんと確定した子供は57人、「がんの疑い」は46人に上る。子どもの甲状腺がんが急増した1986年のチェルノブイリ原発事故と比較し、鈴木氏は「症状も年齢分布もチェルノブイリとは異なる」とした。

The subjects of the thyroid examination is 370,000 children under 18 at the time of the accident in Fukushima prefecure.  The confirmed cases are 57 and suspected case are 46.  Compared to the 1986 Chernobyl nuclear accident, Professor Suzuki said, "Both the symptoms and age distributions are different."
 
 がんの57人のうち県立医大が手術した54人について、8割超の45人は腫瘍の大きさが10ミリ超かリンパ節や他の臓器への転移などがあり、診断基準では手術するレベルだった。2人が肺にがんが転移していた。

As for the 54 thyroid cancer patients who went through the surgery at Fukushima Medical University out of the 57 (translators; which means only 3 had surgery outside of Fukushima Medical University), more than 80% had cancer size larger than 10mm or metastsis to lymph nodes or other organs, which needed surgery.  2 had metastasis in their lungs.

 残る9人は腫瘍が10ミリ以下で転移などはなかったが、7人は「腫瘍が気管に近接しているなど、手術は妥当だった」。2人は経過観察でもよいと判断されたが、本人や家族の意向で手術した。

The remaining 9 had cancer size less than 10 mm without any metastasis.  But according to Prof. Suzuki,  "7 had cancer adjacent to the resparatory tract and conducting surgery on them was right decisions."  The remainig 2 could wait for surgery by follow up observation, but they received the surgery based on the will of the patient and his/her families.  

 手術した54人の約9割が甲状腺の半分の摘出にとどまった。

90% of the patients had their thyroid extracted only half.

 福島の甲状腺がんをめぐっては一部の専門家から「手術をしなくてもいいケースがあったのではないか」との指摘があり、患者データの公開を求める声があった。

As for the Fukushima thyroid cancer, some experts asked, "Weren't there any cases where no surgery was needed?" and the call for disclosing the patients' data was mounting.

**************

「子どもと妊婦を避難させて!」署名にご協力を!
 

Please "Evacuate pregnant women and kids!"
Please share this 6 language petition!

Japanese

http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?utm_content=buffer11073&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

English

http://www.change.org/en-GB/petitions/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?lang=en-GB&utm_content=buffer11073