Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2014年11月26日水曜日

2 US sailors dead after Fukushima radiation exposure 福島被曝後に2人の米兵士が死亡!(CBSニュース)

12月5日更新 Updated on Dec 5,
日本人弁護士による「レーガン号水兵健康被害米国訴訟」の説明

"Health Damage Lawsuit by US Navy sailors in Ronald Regan"

弁護士の呉東正彦さんとOur Planet TVの白石草さん
Lawyer Masahiko Goto interviewed by Ms. Hajime Shiraisi from Out Planet TV http://ourplanet-tv.org/?q=node/1863



白石:トモダチ作戦に従事した米国海軍の兵士ら239人が東電を訴えている裁判で、南カルフォルニア地裁は、2014年10月28日、東電の訴えを認めず、本格審議が始まることになりました。

原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会の呉東正彦さんにお話を伺います。

Q:  On October 2014, Southern California Federal Court dismissed the plea by TEPCO in regard to the lawsuit filed by 239 US navy sailors who served for Operation Tomodachi, and a full fledged deliberation is to be started.

Would you please give explanation as a lawyer who has supported the Yokosuka Port issue?

呉東:この裁判はもともとおととしの12月に8人の方が東京電力を相手に南カルフォルニア連邦地裁に裁判を起こした。


In December 2012, 8 US navy sailors filed a lawsuit against TEPCO at Southern California Federal Local Court.

その際は、東電が日本政府と共謀して事故を隠したという訴えだった。

At that time, the plaintiff insisted that TEPCO hid the accident in collaboration with Japanese government.

東電は、日本政府が巻き込まれ、政治的な判断となるから裁判所の判断するものではなく、却下するべきだと申し立てた。

Against this, TEPCO refuted that their plea should be dismissed due to the alleged involvement of govenment of Japan, which needs some political decision beyond the judgement of a court.

2013年11月に口頭弁論で一回目の命令が出た。東電の却下は認めるが、訴状を訂正してよいと。条件付きの却下。

In November 2013, the first order was handed down through oral proceedings.  The court admitted the dismissal proposal by TEPCO, but suggested the plaintiffs that they can file the suit again with renewed complaint.  So, it was a conditional dismissal.

訴状を書きなおすことでよみがえった。

Since the plaintiff came up with the renewed complaint, the lawsuit was revived.

2014年2月5日に原告80人に増えて、第二次の訴状が出されている。

The second complaint was filed by 80 plaintiffs on February 5, 2014.


まず、東電だけの過失に。


They focused on the negligence of TEPCO.


クラスアクションという代表訴訟で原告80人だが、これからも被曝者が増えていくだろうと。

It was in the form of Class Action with 80 plaintiffs representing the lawsuit with the prediction of increasing number of plaintiffs in the future.


これらすべての人達のために、東電はまず10億ドルの損害賠償の基金をつくるべきだと。

They insisted that TEPCO should prepare  a fund of 1 billion dollars first.

そして具体的に損害が認められた人から、基金の中から払っていきなさいと。2段階になっている。
Then the plaintiffs whoes damages were admitted shall be paid for the appropriate amount from the fund.  Therefore, there are 2 steps for the plaintiffs.

白石:薬害の基金と同じイメージ。
Q:  That system seems like drug-induced damages lawsuit.

呉東:そうです。まず10億ドルの基金、それから被害を認められた人が賠償を受けられる。日本にはないタイプの裁判。

A: That is correct.  They asked for the fund of 1 billion dollars first and then the victims can get the damage fee.  Japan does not have this kind of lawsuit.

白石:日本なら通常政治決着が初めだが、裁判で進んでいる。

Q: In Japan, usually, political decision comes first, but in this case, the lawsuit is underway.

呉東:10億ドルは多く聞こえるが、決してそうではなく、すべての被曝者が救済されるためのもの。被曝者のための基金をつくれという請求。

A:  1 billion dollars seem to be a lot, but it is not the case.  Since this fund is demanded in order to all the radiation victims in the future.

白石:さらに原告が増えているが。
Q:  I heard that the number of plaintiffs is increasing..

2014年の8月25日に第二回の口頭弁論。その時に第3時の訴状。原告は223人に増えている。
The second oral proceeding took place on August 25th, 2014 with the third complaint.  At that time, the number of plaintiffs boosted to 223.


東電、GE、GE子会社のエバスコ、日立、東芝が入っている。
運転上の過失だけでなく、設計上の過失も加えているので。
The accused this time is including TEPCO, GE, EBASCO (a GE's subsidiary company), Hitachi, and Toshiba.  They included these nuclear manufacturers since negligence on the design is included not only the negligence of the operation.

10月28日に口頭弁論があった。その中では、東電の却下の申し立ては認められなかった。


On October 28, there was another oral proceeding where the plea by TEPCO for dismissal of the lawsuit was not accepted by the court this time.

二つの理由がある。

There are 2 reasons for this.


日本政府が入っていないので、裁判所が判断できる。

Since there is no involvement of the Japanese government, the court can come up with their own decision.

もうひとつは東電は日本の裁判所でやるべきだとしたが、原告らが日本の裁判所に行けないこと、米国の国益がかかっていると主張し、裁判所は認めた。

Another reason is that TEPCO insisted that the lawsuit should be carried out in Japanese courts, but the plaintiffs insisted that they cannot go to Japan and the issue is related to the state benefit.  The claim by the plaintiffs was accepted by the court.


これから本格な審議がアメリカで始まる。
The full fledged deliberation is to be started in the US.


先日11月18日に、最終的な第三次の訂正訴状が出され、239人が原告。2名の方が亡くなり、この人たちも含まれている。



On November 18, the final version of the third complaint was filed with 239 plaintiffs.  Of those, 2 soldiers already died.

白石:どういう状況で被曝をしたのか?どういう健康被害?皆若いようだが?
Q:  How were they exposed to radiation and what kind of health hazards did they get?

They all seem to be young.

呉:3月11日に震災、12日に1号炉の爆発。
当時、レーガン号は、本来、韓国に向かう途中が、急遽三陸沖で支援活動をするように言われた。

A: The earthquake took place on March 11.  The unit 1 exploded on 12th.  At that time, Air Craft Career Regan was on the way to Korea, but it was ordered to go for the rescue operation off the coast of Sanriku.


13日に三陸沖。その時、放射能プルームの真下に入った。空母の放射能の警報器もなった。

So they went to off the coast of Sanriku on the 13th, when they were directly hit by the radiation plume.  Alarm went off in the ship.


その状態の中、しかも吹雪の中で放射能でちょっとおかしいと感じながら、5時間雨風にさらされ、甲板作業させられた。

However, under such situation, sailors were forced to work on the deck for 5 hours in rain, wind and snow.  The soldiers also felt something was wrong.

それのみならず、原子力空母は海の水を脱塩して使っている。3月15日に脱塩水を飲むのをやっとやめた。それまでに飲んで体内被曝した可能性もある。


Not only that, a nuclear aircraft career use sea water by desalination.  Only on March 15, they stopped drinking the desalinated water.  So the sailors may have drunk the contaminated water which caused the internal exposure.

白石:初期の高い線量をまともに浴びていたのですね。
ヨウ素剤や防護は?



Q: So they were exposed to the high initial dose.  How about the protection suit and iodine tablet? Were they provided?

呉:ここに写真があるが、3月終わりごろに甲板の除染作業しているが、防護服ではなく、一般の軍服。まさに放射能を低レベルで浴び続けている。
A: Here is a photo where the sailors were decontaminating the deck at the end of March.  They were not wearing protective suits and wore regular uniforms.  They kept being exposed to low dose radiation.

そのまま乗り続けていた。

They continued being onboard also.

陳述書の中には、かなりホットスポットである換気の出口の近くにベッドがあり、半年間ホットスポットに缶詰生活でがんになってしまった水兵さんもいる。
In the written statement, there were some beds near the outlet of the ventilation system which was quite a hotspot, and one sailor was contained in the hotspot like a canned food.  Later he developed a cancer.

白石:原告の人には20代の人が圧倒的に多いが、既に亡くなった人もいると?

Q: The vast majority of sailors were in their 20s and you said that there were some who even died...


呉:2人亡くなっている。滑膜肉腫というのはがんの一種で、30代。4月に亡くなった。
A: 2 soldiers died. 



One died of synovial sarcoma, a kind of cancer.  He was in his 30s and died in April 2014.

2人目は20代で9月に白血病で亡くなった。
The second one died of leukemia in September 2014.

その他にもたくさんの方が、20代30代では考えられない病気になっている。甲状腺がん、乳がん、精巣がん、脳腫瘍、などなど。

Other than these 2 people, many soldiers in their 20s or 30s have developed unbelievable diseases, such as thyroid cancer, breast cancer, testis cancer, brain tumor, etc.

ガンの人もたくさんいるし、胃腸の不調、全身が動かなくなったり、生殖関係。There are many who are suffering from cancer and also malfunction of gastrointestinal tracts, sudden inmobility of the body, and malfunction of reproduction system...

白石:この期間中に妊娠された方が、多発性遺伝子異変に?

Q: I also heard that there was a pregnant woman who delivered a baby with multiple gene tumultus.

若い女性の水兵さんもたくさんいて、被曝した時に妊娠中で、10月に出産して、遺伝性異変のお子さんが生まれ、母と子が原告になっている。
A: There were many young women sailors and one woman was pregnant.  She delivered her baby in October and her baby had gene tumultus.

白石:一人の症状が一つではなくて、複数あるようだ。

Q:  Seems like many people do not have only one symptom but they do have multiple symptoms.


呉:甲状腺だけでなく、胃腸や、筋肉系に異常や熱が出たりと、様々な症状。これが放射能の症状の特徴ではないかと思われる。



A: Not only their thyroid, but also they develop symptoms in their gastrointestinal system, musles, fever, and etc.  It seems that these are typical radiation exposure symptoms.

白石:みなさん軍隊で働き続けられない?
Q: Can they keep working for the military anymore?

呉:原告の3分の1は現役の方です。しかしその後、体調を崩して除隊をした人もたくさんいる。20代で除隊をすると手当がつかず、生活が大変。
A: One third of the plaintiffs are still working.  However, after developing such symptoms, many soldiers left their services.  If they leave the military in their 20s, there will be no allowance and their living is quite hard.

白石:もともと軍隊にいる人は学費を稼ぐなど、さまざまな条件で軍隊を選んだ方もいらっしゃるわけですし。

Q: Usually these soldiers join the military for earning to go to school and other reasons..


呉:そうです、軍隊の任務の後に学校に行こうと思ったが、今はいけず、病気で将来的に不安であると言う訴えもたくさんある。
A: Right.  Some complain that they planned to go to school after the service, but they gave up.  Also they have diseases and have worries for the future.

白石:今後の裁判の見通しは?

Q: What is the perspective of the future court proceedings?


呉:これからは中身の問題に入る。
A:  The deliberation will start from now on.

ひとつは事故とトモダチ作戦と大量に発生している病気との因果関係について。
One focus is on the causal relationship between the accident/Operation Tomodachi and the massive development of diseases.

当時の放射線レベルと状態。
They have to check the radiation level in those days and the condition.

もうひとつは病状の立証。



Another focus is to proove the symptoms caused by radiation.



米国のメリットは陪審制である。一般の市民が同じ立場にたって、どうあるべきかを考えて行く。被害者の立場に立った、市民的な裁判が期待できる。



The good point of US court is jury system.  General public can stand on the side of the victims and think what should be done. 



白石:今の段階でひとりひとりの被曝線量の推定はなされていない?
Q:  At this point, the estimation of individual dose has not been calculated, right?

呉:そうですね、それぞれの病院のデータのカルテなどを取り寄せている途中。
A: Right.  They are now compiling the medical data from each person's hospital.

当時ひとりひとり線量計を付けていたわけではない。
Also, they were not wearing dosemeters.

線量計はあったが、士官の人だけ持っていた。ヨウ素剤もあったが、士官は飲んでいたが、末端の人々は飲んでいなかった。



There were some dosimeters, but only the officers had them.  There were iodine tablets but only officers took them and rank& file soldiers did not take them.



白石:酷い話。若い人たちが飲めなかった。
Q: That is awful.  The young could not take the iodine tablets...

呉:立証は困難を極める。事実を積み重ねていくことだ。

A: Coming up evidence will be a hard way. They have to pile up facts one by one.


白石:レーガン号については、日米の間でやりとりができているが、日本に影響はどういうものがある?
Q: As for Regan Case, there have been communications between Japan and US, and what kind of impact do you expect?

呉:ふたつある。私も正確な被害の実態を知らなかった。

A: There are two aspects.  I myself did not know the reality of the victims.


水兵たちの被曝の実態は、日本のどこよりも被害を受けた可能性がある。当時、陸から海に風は吹いていたので、彼らが最も大量の被曝を受けていた可能性がある。
The soldiers exposure may have been greater than any other part of Japan, because the wind was blowing from land to sea. 

トモダチ作戦で助けようとしてくれていたのに、風向きからして最も被曝を大量にしてしまった。

Although they tried to help Japanese people through Operation Tomodachi, they have exposed to radiation massively due to the wind direction.


日本人としてきちんと受け止めなくていいのだろうか?

I think we Japanese need to humbly accept this fact.


米国海軍も無視、日本政府もそれを受けて無視、東電も無視。
However, the US Navy ignored, and Japanese government ignored and so did TEPCO.

東電だけでなく、日本も米国も関係ないことにしてしまっている。
Not only TEPCO, both the government of Japan and the US pretend that they have nothing to do with the Case.

私たち自身も被害者だが、彼らの被害を知ることによって、一緒に連帯していけないかと感じる。

We are also victims, but by knowing their damages, we could be united and act together.


白石:日本でもいろいろな症状が出ている。また、子供にたくさん甲状腺がんが出ている。

Q: In Japan also, there have been various diseases, and many children got thyroid cancer..
しかし日本の場合は、声が上げにくい。

However, in case of Japan, it is hard to raise voice.
この裁判では、被害そのものを訴えており、似たような症状で、手を取り合える人々がたくさんいる可能性もある。

In this Case, the health damage itself is on focus, and there may be many people in Japan who can cooperate with the US victims through similar symptoms.


呉:まず一人の女性の水兵さんから弁護士に相談があった。それで他にももっと同じような被害者がいるかもと思い、それで基地に行ってたくさん聞き取りをしたら、ぞくぞくと名乗り出てきた。



A: At first, one woman soldier went to consult a lawyer.  The lawyer visited the base and interviewed many soldiers and then he found such soldier one after another.

裁判の報道の後、さらに名前が挙がってきた。
After the media's broadcasting, more names were listed.

本当に止むにやまれぬ感じで弁護士さんの所に相談が寄せられた。

In this way, lots of consulation were made to the lawyers.


それだけ深刻な被害の広がりが見られている。

Serious damages seem to be exising widely.

まだまだ今いる原告の方たちだけでない可能性もある。



There is a high possibility that there are more victims other than the plaintiffs.




*****


CBS: Now 2 US sailors dead after Fukushima radiation exposure — Doctor: Officials have to re-look at this entire situation — Reporter who served on USS Reagan: “We were done so wrong… Critical health risk to all of us onboard… People are not realizing how serious the issue is” (VIDEO)

CBSニュース:福島事故被曝後に2人の米兵士が死亡
ー医師の談:政府はすべての状況を見直す必要がある。
ーUSSレーガン号に乗船していた記者:
「酷い過ちが侵された。乗船していたすべての者達に深刻な健康リスクがある。人々は、この問題がいかに深刻なものであるか気づいていない。」

 



Published: November 25th, 2014 at 12:11 pm ET
By
http://enenews.com/cbs-2-sailors-dead-after-fukushima-radiation-exposure-reporter-served-uss-reagan-feel-like-wrong-critical-health-risk-all-onboard-feel-people-realizing-serious-issue-video


California State University, Northridge, Nov 12, 2014: Little did [U.S. Navy veteran Kelli Serio, 25] know her service would change the way she viewed the system she vowed her loyalty to… Serio may have been affected by radiation during what she calls her “final and most personally sacrificing deployment” in Japan…


カリフォルニア州立大学ノースリッジ校:2014年11月12日:
元海軍兵、Kelli Serioさん(25)は、かつて忠誠を誓った軍のシステムに対し、自分の任務遂行によって見方が変わることになろうとは思わなかった。Serioさんは「最後となった最も個人的な犠牲を伴った派遣」となった日本での任務遂行により、放射能に侵されてしまった可能性があると言うのである。


at 18, she enlisted in the U.S. Navy [and] was deployed off Japan’s coast… to assist with the cleanup of the Fukushima nuclear plant. While there, her carrier acted as a floating fuel station… Serio said she’ll never forget the day her captain said their water filtration system had been compromised… “I feel like we were done so wrong,” Serio said. “We were drinking the water.”


18歳になって海軍に入隊、福島原発事故のクリーンアップ作戦を助けるために日本沿岸での任務に就いた。その間、彼女の船は海上燃料補給場となった。
Serioさんは船長が、浄水システムに不具合が生じたと言った日のことを忘れない。
「とんでもない過ちをしてしまったと思う」とSerioさんは言う。
「私たちはその水を飲んでいたのです。」


Serio said she and the other 70,000 first responders have been dismissed by the government as if nothing happened out there. She wants justice… Serio’s team-like mentality has also led to her modeling with organizations like Pin-Ups for Vets… to help bring up the morale of veterans and current soldiers [and] bring awareness to the men and women who’ve served their country through speaking engagements and visiting patients at veteran hospitals…


Serioさんが言うには、彼女とその他7万人にも及ぶ福島事故に最初に対応した兵士たちは、まるでなにもなかったのように除隊させられたと言う。正義がなされて欲しい。。。Serioさんのチーム・スピリットにより、「退役兵士たちの写真」というモデルとなるような組織をつくった。そして講演会をしたり、退役軍人病院を訪問したりしながら、退役兵士と現役兵士の士気を高め、自国に貢献した兵士たちをより覚醒させるための援助活動をしている。


[E]arlier this year… she met her friend and mentor, Fox News reporter Hollie McKay [who recommended] Serio for a reporter position at [breitbart.com]… Her first piece for the website was a first-hand account of and a look back at Operation Tomodachi.


今年前半、Serioさんは友人であり彼女のめんたーでもあるFox Newsの記者であるHollie McKayに会った。彼女はSerioさんにBreitbart.comでの記者のポジションを勧めた。彼女がウェブサイトで初めて手掛けたページは、「トモダチ作戦」の実体験と反省であった。




Tahlequah Daily Press, Aug 7, 2014: USS Ronald Reagan… passed through radiation plumes and clouds… the ship and most of those onboard, tested positive for radiation exposure… Serio, now a broadcast journalism major at [CSUN], has recently written a column… on breitbart.com. “I feel as if people are not realizing how serious the issue is, and I would like to shed as much light on it as possible,” said Serio.


Tahlequah Daily Press, 2014年8月7日:USSロナルドレーガン号は放射能プルームと放射能雲の中を通り抜けた。船体もほとんどの乗組員も放射能被曝の検査で陽性が出た。Serioさんは今、カリフォルニア州立大学でTVジャーナリズムを専攻しているが、最近
breitbart.comを書いている。「私は人々がこの問題の深刻さに気付いていないのではないかと感じています。できる限りこの問題に光を当てたいと思います」とSerioさんは話す。


Breitbart, by Kelli Serio, Jul 23, 2014: I was onboard the USS Ronald Reagan [and went] directly through a radiation cloud. The commanding officer warned us that our water and ventilation systems had been contaminated, posing a critical health risk to all of us onboard. We were advised to refrain from showering or drinking water… Sailors worked tirelessly… while being left vulnerable to dangerous levels of radiation… most of us onboard the ship were tested for radiation exposure and many came back positive, resulting in full-body scrubdowns… [W]e were issued gas masks… myself and other junior sailors were asked to don protective garments in an effort to decontaminate the ship…


Breitbart Kelly Serio、2014年7月23日:私はUSSロナルドレーガン号に乗っていて直接放射能雲の中を通りました。司令官は私たちに、水も空調システムも汚染され、乗船していた私たち皆が深刻な健康リスクにあると警告しました。私たちはシャワーを浴びたり水を飲むのを控えるように言われました。兵士たちは休むことなく働き、その間危険なレベルの放射能に晒されました。乗船していた私たちのほとんどからは放射能が検出され、全身をたわしで洗わなければなりませんでした。 ガスマスクも配布されました。私と若い兵士たちは船を除染するために防護服も着るように言われました。


Proper medical care for the victims of radiation exposure [is needed, it's a] dire situation for many… Many of us are enduring the unfortunate consequences [and] hoping for care from the VA that appears to never arrive… we are reassured of our good health, despite the presence of mysterious and unexplained symptoms… A lack of coverage by the mainstream media has left victims without a voice… We do not want to be forgotten.


放射能被曝を受けた犠牲者への適切な医療ケアが必要であり、多くの人々にとって、酷い状態となっています。我々の多くが、不幸な影響に見舞われ、退役軍人協会からのケアを願っているのですが、まったく受けられる気配がありません。


おかしな説明のつかない症状があるにもかかわらず、私たちの健康は何も問題がないと言われます。


メインストリームのメディアからはカバーされず、犠牲となった人々は声なき声にされています。私たちは忘れられたくありません。


CBS San Francisco, Nov 21, 2014: Rare cancers, blindness, birth defects and now, two deaths. Hundreds of U.S. sailors… say they were exposed to dangerous levels of radiation… [Steve] Simmons… began feeling weak and sick with uncontrolled fevers… Soon he was in a wheelchair, unable to walk.


CBS San Francisco, 2014年11月21日:まれにみるガン、失明、先天性異常、そして今は二人の兵士が死亡している。米兵士数百人が危険なレベルの放射能に被曝したと言っている。Steve Simmonsは体力がなくなり、熱ばかり出て体調がすぐれなくなった。しばらくして彼は車いすの状態となり、歩けなくなった。


He says military doctors would never tell him what was wrong. “Every one of them wanted to discredit radiation as a possible cause,” Simmons said… “[There's] evidence that the doses that were assumed to be on board the USS Reagan may have been under-reported,” said Dr. Robert Gould, a former Kaiser pathologist… “Given that there is more information that has come out, I think you would have to re-look at the entire situation,” said Dr. Gould. >> Watch the CBS broadcast here


彼によれば、軍医はなにが悪いのか、決して話してくれないと言う。「すべての医師が、放射能が可能性のある原因だと言う考えを否定したがっているのです。USS re-ganngouniokeru 線量が過小評価されて報告されていると言う証拠はあります」と病理医のRobert Gould医師は言う。


「もっと情報が出てくれば、すべての状況を見直す必要が出てくるだろう」と医師は述べている。


****






2014年11月12日水曜日

Thyroid Cancer Patient Won Against Nuclear Plant in Korea! 韓国では原発が原因で甲状腺がんという判決が!一方日本では104人出てても無視!

なんと韓国では甲状腺がんの被害者が古里原発が原因という判決を受けて勝訴!


In Korea, a plaintiff won a victory for his thyroid cancer caused by Kori Nuclear Power Plant!


一方、福島で103人もの子供が甲状腺がんになり、肺転移まで出ている日本では一切健康被害についての訴訟も存在しない!


Meanwhile in Japan, while there are as many as 103 thyroid cancer Fukushima kids and some with even lung metastasis, THERE IS NOT A SINGLE LAWSUIT ON HEALTH HAZARDS IN JAPAN.



**************

せめてどうか「子どもと妊婦を避難させて!」署名にご協力を!
 

Please "Evacuate pregnant women and kids!"
Please share this 6 language petition!

Japanese

http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?utm_content=buffer11073&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

English

http://www.change.org/en-GB/petitions/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?lang=en-GB&utm_content=buffer11073




以下韓国のニュース (日英)
Below are the story of this important Korean news!
 (Japanese and English)


********


Nuclear Lawsuit(KBS) 原発訴訟ーKBSニュースhttp://m.hankyung.com/apps/english.view…

A family that lives in the vicinity of the Kori nuclear plant has filed a suit against Korea Hydro & Nuclear Power. The family claims that its members have contracted various diseases including cancer because of the plant.

古里原発の近くに住む家族が古里水力&原子力電力会社を相手取り、提訴を行った。一家は原発のせいで様々な疾病になったと申し立てている。

20-year-old Lee Gyun-do has autism and suffers from developmental problems. His father, Lee Jin-seop, was diagnosed with rectal cancer last year, while his mother underwent a thyroid cancer surgery in February this year.

20歳のLee Gyun-doさんは自閉症と発達障害を患っている。

父親のLee Jin-seopは昨年、直腸がんと診断され、母親は今年の2月甲状腺がんの手術を受けている。

The family has lived in Gijang County in Busan over the past two decades. That’s within a five-kilometer radius from the Kori nuclear power plant.

一家は釜山のGigang州に20年以上住んでおり、古里原発からは5km圏内である。

The family claims that their cancers and autism are a result of the nuclear power plant. They have sued Korea Hydro & Nuclear Power, demanding compensation.

一家は自分たちのがんや自閉症は、原発が原因であると申し立てており、電力会社に対して訴えを起こした。

Lee Jin-seop (Father): “The CEO of KHNP says it can’t be built in the northern part of Gyeonggi Province because it’s densely populated and could be dangerous. Then what happened to our region?”

Lee Jin-seop (父親)「電力会社KHNPのCEOは、Gyeonggi州は人口密度が高くて危険なので建設できない、と話している。では我々の住む地域はどうだと言うのだ。」

It’s the first legal action in Korea to be taken against the government by residents living in the vicinity of a nuclear power plant.

今回の訴訟は、原発近隣住民から政府に対しての韓国では初のケースとなる。


****Press Release for further actions***************



原発周辺地域の甲状腺がん被害者共同訴訟原告募集開始
Collective Lawsuit of thyroid cancer victims surrounding nuclear power plant started
http://oklos-che.blogspot.jp/2014/10/blog-post_31.html?m=1



去る17日、コリ原発周辺地域10キロ内に20年間住んでいた住民の甲状腺がんの発症に対する責任がコリ原発にあるという1審の判決があった。

On October 17th 2014, a ruling for a positive causal relationship between thyroid cancer and Kori nuclear power plant was handed down to a resident who has been living within 10km radius of the plant for 20 years.



これは、国内で最初に癌の発生に対する原発の責任を認めた判決として、原発事故が発生してなくとも、放射性物質を放出する原発が健康に危害を与える施設であるという事実を法的に認めた判決である。


This was the first domestic case where cancer was admitted to have been caused by a nuclear power plant which emits harmful radioactive materials even without any accident.



原子力発電所は、日常的に気体放射性物質と液体放射性物質が排出される。気体放射性物質はフィルターを通してはいるが、それに引っかからない三重水素とノーブルガス(アルゴン(Ar)、クリプトン(Kr)、キセノン(Xe)など)は、そのまま環境に放出され、液体の放射性物質は、リットル当たり50ベクレル(1秒に一度核崩壊する放射性物質の放射能の強さ)の濃度以下で海水で希釈して、温排水と一緒に海に流す。



Nuclear power plant emits gaseous and liquid radioactive materials on daily basis. 


The gaseous one goes through a filter, but those which cannot be trapped, such as tritium (H3), Argon (Ar), Kripton (Kr), Xenon (Xe), are emitted as they generate into the environment. 


As for liquid one, it is diluted with sea water to below 50Bq/l to be emitted as warm water emission into the sea.






放射性物質の放出基準が別に用意されているが、原発周辺地域の制限区域を基準に、年間線量基準で管理している。制限区域は、軽水炉の場合700m、重水炉の場合914mに設定して、甲状腺等価線量では年間0.75ミリシーベルトであり、有効線量では年間0.25ミリシーベルトの基準を適用して、この基準以下と評価できる放射性物質を放出している。


Emission standards of radioactive materials are specified separately, but as for the limited zone, the surrounding areas of nuclear power plants, annual dose is used for controling the emission.


The limited zone is 700 meter radius for light water reactor and 914 meter radius for heavy water reactor.  As for this zone, emission of radioactive material equivalent to 0.75mSv/year of equivalent dose or 0.25mSv/year of effective dose is released.

しかし、法的基準値内の放射線量であっても、原発周辺に放出される放射性物質による住民の被ばくは、原発周辺地域の住民のがん発生を増加させてきたことが確認された。


However, even within the legal standard radiation level, it was confirmed that released radioactive materials from nuclear power plant has increased the incidence of cancer among the residents of the surrounding areas.




ソウル大学医学研究院原子力影響・疫学研究所が2011年に教育科学技術部の依頼で提出した「原子力従事者と周辺地域住民の疫学調査研究」によると、原発周辺地域(5キロ内)住民のがん発生が対照地域に比べ、全体的に増加したが、特に女性の甲状腺がんの場合、統計的に有意に対照地域に比べ、2.5倍ほど増加したことが確認された。



According to the report titled, "Epidemiological Studies on Nuclear Power Workers and Residents in Surrounding Areas" by Seol University Medical Research Institute Radiation Effect/Epidemiology Center based on the request of Department of Education, Science and Technology, the cancer incidence is increased as a total within the 5km radius compared to the cohort.  Especially, the women thyroid cancer is significantly increased 2.5 times higher than the cohort.


この報告書は、全体の20年の追跡調査の中で、最近10年間に研究対象者の約6070%が集められ、その過程で、既存の癌患者がみな排除されることで、起こりうる癌の発生に関するデータが縮小される可能性があり、これを補完するなら、原発によるがん発生の相関関係はさらに増加するものと予想される。

During the 20 year follow up study, this report gathered the data of 60~70 % of the subjects during the past 10 years, and patients who have had cancer for more than 10 years are excluded, which may have decreased the actual incident rate.  If this number was suplemented, the causal relationship between cancer and the nuclear power plant would be more prominent.

原発による甲状腺がん発症の責任に対する裁判所の判決文には「加害企業がある有害な原因物質を排出し、それが被害者に到達して損害が発生した場合、加害者側ではそれが無害であることを証明できない限り、責任を免れることはできないと見るのが、社会公正の概念に適している」という最高裁判所の判例を挙げ、例えがんの発生が法的基準値以下の放射性物質の放出によるものであっても、法的責任があるという判断をした。


The court judged that the electric company had the legal liability even though the emission of radioactive material is below the legal standard by citing the ruling of a case at the Supreme Court as it comforms to the social justice concept; "If a damage was made on the victim by the release of harmful causal substance released by the perpetrating corporation, the corporation cannot avoid its responsibility unless the corporation can prove that the substance is harmless"


これまで原発周辺地域でのがん発症により苦しんできた住民が原発に責任を問う道が開かれたということだ。


The ruling this time opened the way for residents who have been suffering cancer in the surrounding areas of nuclear power plants.

ここに、私達は被害者の共同訴訟を通して、原発の癌発生の責任を問う計画だ。


Here, we are planning to ask for the liability of nuclear plant caused cancer incidences through the collective lawsuit of victims.


*******

韓国の人向けのみなのが残念!なぜ日本人向けがないのか!
<原発周辺地域の甲状腺がん被害者の共同訴訟原告募集>
*原告資格:各原発の放射能緊急計画区域(810キロ)内に3年以上居住したことのある甲状腺がん発症者
*原告申請期間:120141130
*必要書類:訴訟委任約定書、住民登録抄本(変動事項含む)、家族関係証明書、診断書
*費用:印紙代、送達量(ただし、勝訴時、費用は弁護士と協議のうえ決定)
*申請
コリ原発 釜山環境運動連合、キジャン社会福祉生活相談所
ウォルソン原発 キョンジュ環境運動連合
ハヌル原発 核から安全に住みたいと願うウルチンの人々
ハンビッ原発 ヨングァン原子力発電所の安全性確保のための共同行動
ソウル 環境運動連合

20141023

キョンジュ環境運動連合、プサン環境運動連合、ソウル大学保健大学院職業環境健康研究所、ヨングァン原子力発電所の安全性確保のための共同行動、核から安全に住みたいと願うウルチンの人々、核なき世界のための医師会、環境保健市民センター、環境運動連合









2014年11月1日土曜日

No lawsuit focusing on health in Japan! なぜ日本では健康被害の訴訟が皆無?& 竹野内への仏語の中傷(11月16日訳文修正)

 
私はだいぶ前から、なぜ米国ではロナルドレーガンの多数の兵士が健康被害や医療費を争点に東電に訴訟を起こしているのに、日本では健康被害が生じているにもかかわらず、まったく健康被害についての訴訟が行われないのか、疑問に思っておりました。

Since long time ago, it has been my wonder why there have never been any lawsuits focusing on health hazards in Japan though many Ronald Reagan US soldiers filed lawsuits against TEPCO regarding health hazards and medical expenses.

10月14日、15日と早稲田大学で行われた「原発災害と人権ー法学と医学の協働」という、非常に重要なテーマ国際シンポジウムに参加しました。http://www.waseda.jp/hiken/jp/lec_symp/pdf/2014.10.14.pdf

(後援にフランス大使館が入っており、日仏の同時通訳付きで行われましたが、入場料は無料でした)

福島原発事故が実際に起こった今、医学者と法学者による、被害者の救済はMUSTであり、大変重要なテーマの国際会議だと思いました。

On October 14th and 15th, I had attended a symposium called, "International Symposium on Legal-Medical Aspects of Nuclear Disaster and Human Rights" at Waseda University.
http://www.waseda.jp/hiken/jp/lec_symp/pdf/2014.10.14.pdf

 (Partially supported by French Embassy and the admission was free though there were simultaneous French-Japanese translation)

To aid the radiation health hazards victims, it is a must to have some cooperation of medical experts and legal experts, and I believed that from this title, the symposium is of great importance.
 
 
しかしながら、今回の早稲田のシンポでも、国内外の反被曝、反原発の団体の中では、なぜだか最も大事な問題(今は福島事故後の健康被害や子供の疎開の問題など)を回避しようとする試みが見られます。

However, this time's Waseda Symposium and also among other anti-nuke/radiation exposure organization both in Japan and overseas, there has been a certain tendency-avoiding the issue of on-going (Fukushima) health hazards and necesity of evacuation of children.


2013年3月にNYで行われたヘレンカルディコット財団によるシンポジウムでも同じで、「福島事故の医学的環境的影響」というタイトルに関わらず、チェルノブイリの被害の話はあっても、福島の子供たちの間での4割に近い甲状腺の異常や10人すでに出ていた甲状腺がんの話(38000人の中ですからこの時から3800人に1人の割合です!)はまったく話し合われることはありませんでした。

The situation was the same with  "The Medical and Ecological Consequences of the Fukushima Nuclear Accident" in NYC on 2013 March 11&12 by Dr. Helen Caldicott Foundation.  (You can see the archive videos for this in the following.  http://www.totalwebcasting.com/view/?id=hcf# If you click on the speaker's name, you can see that person's speech immediately on the video.)

Though there were already 40% thyroid abnormality among Fukushima children and 10 thyroid cancer kids (out of 38000, so one out of only 3800 children since this time!), there had never any mentioning on the ongoing health hazards among Fukushima kids though there were mentioning on Cheronobyl victims in spite of the title of the symposium.


2014年10月26日の福島県知事選で、子供の疎開を訴える井戸川氏に、どこの団体も支援につかなかったこと、脅迫までも受けているのにどこのマスコミもとりあげなかったことなどからも「子供の移住の問題が、既存の脱原発団体さえ触れられたくないタブーであること」が顕著です。


This tendency was also observed the recent Fukushima governor's election on Oct 26, 2014, where the candidate Mr. Katsutaka Idogawa who calls for evacuation of Fukushima kids had not been supported by any organizations.  The incident of threat against him was even ignored...


さらには真に一生懸命やられている人々の人格を、反原発・被曝団体の内部から誹謗中傷すると言う考えられない行為が行われています。

Moreover, quite sadly, there have been some unbelievable act of slandering against others within anti-nuke/radiation exposure organizations...


2013年のNYの国際会議でも、頼まれて「健康被害について話をした私」に対して「頼まれてもいないのに勝手な話をした」といつまでもネットの誹謗中傷者とともに事実でないのに私への中傷を拡散する人がいました。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/04/ny-symposium-on-fukushimany.html#uds-search-results

今回の早稲田のシンポジウムでも、残念ながら、メールで私への誹謗中傷をフランス語で廻している方がいらっしゃいました。(これについては後述します)

Such a regretful thing was observed in 2013 NY Symposium where I was asked to make a speech on health hazards during the lunch session.  A person who even played the role of interpreter of Dr. Helen Caldicott kept spreading malicious rumors against me, saying that I was making my speech though nobody asked me, which was contrary to the fact. http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/04/ny-symposium-on-fukushimany.html#uds-search-results

Also after 2014 October symposium in Waseda University in Tokyo, there were some people who were circulating my malicious rumors against me in e-mail and I will explain about this later.

実はこの直前、2014年9月のノーニュークスアジアフォーラムという国際会議に参加してきたのですが、原子力メーカーに訴訟を起こしている方に対し、とんでもない誹謗中傷が行われており、反原発・反被曝の国際会議ではこういうことがつきものなのか、と思わざるを得ない体験をし、残念に思います。
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/10/the-2014-no-nukes-asia-forum-joint.html

Only 2 weeks prior to this Waseda Symposium, I attended No Nuke Asia Forum in Taipei in September 2014, and the malicious slanders were circulated against a person who initiated a lawsuit against nuclear power manufacuteres.  Through these experiences, I came to believe there are always some kind of obstructions in this kind of international conferenes, to my sadness.
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/10/the-2014-no-nukes-asia-forum-joint.html



情報的には学ぶ点もたくさんありましたし、私はこれらの会議に参加できてよかったと思っています。

There have been many things I have learned in many aspects and I was glad that I was able to attend these international conferences.

しかし、このままでは、実際的に福島原発事故の被害者を救えないと思えた部分がありましたので、以下に列記したいと思います。5点あります。

However, there have been some points I thought were lacking in order to actually help nuclear disaster victims...
 
There are 5 points.
 
 
1.米国では既に健康被害を争点として、ロナルドレーガン号の多くの兵士たちが東電を相手に訴訟を起こしています。一方、日本では、息子さんが白血病になったが、弁護士に相手にされなかった母親の話もあるほどであり、またリンパ節転移や肺転移までも含む、100人以上もの福島の子供たちが甲状腺がんになっているときに、今までなぜか健康被害に関する訴訟が一件も見られません。

In the US, many Ronald Reagan soldiers filed lawsuits against TEPCO on the issue of heatlh hazards.  On the otherhand, there have never a single case in Japan while there are more than 100 thyroid cancer Fukushima children, many of whom had lymph nodes metastasis or some even lung metastasis.  I even heard that a Fukushima mother was rejected for consultation with a lawyer though her young son became leukemia.

原発事故後の一番の問題は健康被害のはずです。良心をもって被災者に対応する法学者や医学者が共同して、なるべく早期に日本における健康被害を焦点にした裁判を起こすべきだと思います。

The biggest issue of nuclear accident should be the health hazards.  I really wish there will be a cooperation of conscious legal and medical experts for nuclear health hazard victims to file lawsuits in Japan.

ちなみに福島では、白血病にわが子がかかってしまった母親が、弁護団に相談しようとしたところ、弁護士にアポも取れなかったと言う、信じられない話があります。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/01/blog-post.html

In Fukushima, unbelievably, a mother whose son became leukemia could not even get an appointment with a lawyer when she was trying to consult...http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/01/blog-post.html


 
2.残念なことに、NYで2013年に参加した国際会議でもそうでしたが、今回の日仏の会議でも、チェルノブイリの事は話されても、福島の現在の状況がなぜか話し合われていません。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/04/ny-symposium-on-fukushimany.html

For some unknown reason, there have never been any discussion regarding the on-going Fukushima children's health hazards though there were mentioning on Chernobyl health hazards.  To my regret, this was also the case in this time's Waseda Symposium (Oct 2014) and NY Symposium in 2013 held by Dr. Caldicott Foundation. http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/04/ny-symposium-on-fukushimany.html

さらには、会議で話し合うだけでは足りないと思います。健康被害を焦点とした訴訟の他に、国連やIAEA、UNSCEAR, ICRPなど、被曝による健康被害を矮小化している機関に対し訴えるなど、有志の人々でアクションを早急にあちこちで起こす必要があるのではないかと思います。

Now it is not enough to talk even.  Along with lawsuits focusing on health hazards, there should be some immediate ACTIONS such as appealing to the UN, IAEA, UNSCEAR, ICRP that are downplaying the radiation effects by those who have wills.

(私もまったく微力ながら、2013年にオーストリアのIAEAとUNSCEARに子連れで訴えに行きました。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/08/even-belgian-delegates-got-mad-at.html http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html海外旅行に行く余裕のある日本人で、汚染地帯の子供たちを助けたいと思う人はどんどん行くべきだし、欧州に住んでいる人には個人でも団体でもいいから、チェルノブイリと福島のことをどんどん訴えてほしいです。)

(I myself have visited IAEA and UNSCEAR in Austria in 2013 by myself and my son.  There are many Japanese who go overseas for sightseeing...those who have will to save children should visit them and I hope those living in Europe who are aware of Chernobyl and Fukushima issue would visit them either individually or in groups...http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/08/even-belgian-delegates-got-mad-at.html http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html)
 
 
3.この会議はあまり宣伝もされず(私にも締め切り前に案内は来ず、自分で見つけていきました。)早稲田大学で行われていましたが、学生の参加は一人もいませんでした。また、記録をとっている方もいらっしゃいませんでした。

This symposium was not advertized much (As a matter of fact, I was not invited by anybody by the end of application deadline and I happened to find it myself.)  Though it was held in Waseda University, there was not a single student.  There was nobody who was videotaping the symposium either.

反被曝・反原発の運動はタイムリーであるべきだと思いますし、かつ国内外に広がりを持たないといけないと思います。そうでないとすでに生じている健康被害の犠牲者が知られない間に増加する一方です。

Anti-nuclear/radiation exposure movement should be timely and also widely spread domestically and internationally.  Otherwise, the number of nuclear victims would increase without much attention being paied.

ところが、最も重大な健康被害について、マスコミやNGOを含むあらゆる団体には制約がかけられている感があります。

However, regarding the radiological health hazards, the most important issue, has been under information control both by the media and even anti-nuclear NGO organizations.

そこで、市民一人一人が、真実を報道しないマスコミや諸団体の代わりに、
ブログやツイッター、雑誌や本などで、どんどん訴えるべきです。

Therefore, conscious citizens in the world should disseminate this issue through their blogs, twitter, newsletter and literature in the replacement of mass media and organizations.
 
4.被曝問題は、若い世代、未来世代の人々が最も深刻な影響を受ける問題でもあります。

以前から原発被曝問題に携わっている人々が牛耳るのではなく、よりオープンにすべきです。

若い人の参画を奨励し、なるべく今まで関わってこなかった新しい人々巻き込んで運動を広げることが今後、運動が成功するかどうかのカギかと思います。

また子供達や未就職者も、も既得利益に縛られず、しかもコンピュータが使えるのですから、どんどん声を上げるべきだと思います。

その際に、実際に健康被害に見舞われている人、その家族、遺族の方々の参画はMUSTだと思います。


Radiation exposure issue is more grave on young generations and coming generations. 

Instead of only the experienced ones controlling the anti-nuclear movement, all the NGOs should be more open to the new participation of young people, which would be the key for successful continuation of the movement.  Even children or minors should be encouraged to participate since they can use computers and SNSs.

In addition, the participation of those who are actually suffering health hazards and their families should be the MUST.


5.原発推進論者のみならず、反被曝・反原発の人々の中で、真面目に活動している人のことを、具体的な根拠もなく「非科学的」であると言って見たり、人格を貶める噂話を広め、足を引っ張る事ことはおかしいと思います。匿名のネット上の人物及び、団体などに所属する実際の人物と、両方おられるようです。

Not only nuclear promotors, but also some of those in anti-nuclear/radiation exposure groups have been disseminating bad rumors such as "unscientific" or "problematic personality" against those who are earnestly acting for anti-nuclear/radiation exposure.  This is quite a shameful and regretful pheonomena which are observed both in social networks under anonymous stance and in actual anti-nuke/radiation organizations with names.

残念なことに今回のシンポジウムの実際の参加者の中にも、チェルノブイリ事故の後に遺体解剖、病理研究まで行ったバンダジェフスキー博士に対し、「デタラメ」であるとか「家族を顧みない」などの誹謗中傷をする人々がいます。また博士のように実績も名声もありませんが、私に対してさえ、「授乳中で衝動的で非科学的なジャーナリスト」と誹謗中傷するフランス語のメールを回覧している方々がいらっしゃいました。

In the symposium I attended, regretfully, I observed that there were groundless rumors such as, "Dr. Bandazhevsky's studies are nonsense" or "Dr. Bandazhevsky does not look after his families"against Dr. Bandazhevsky who conducted pathological autopsy for Chernobyl victims. 

Even against a person without any particular title like me, there an e-mail was circulated in French saying, "Mari is a young breastfeeding journalist, who is unscientific and impulsive, etc "
 
今後、このようなおかしな陰口は、会議に参加している方々もWatchしていただきたいし、なにか議論することがあるのならば、いやらしい陰口でなく、正々堂々としたフェアな議論を望みます。

そうでなければ、その会議全体、また会議を主催された方々、関わった方々の評判を落としかねないことだと考えます。

From now onward, such personal slanders should be watched among the participatnts, and if there is argument on some other people, disucussion should be held in open and fair manner.

Otherwise, the symposium or the participating NGOs shall loose their trust and/or reputation.

****************

今回の早稲田で行われた日仏・国際シンポジウムの背景説明
Background information of Japan/France Inernational Symposium at Waseda University


以下のブログにもあるように、私は2012年からMichel Fernex博士の通訳をしたり、博士の
著作を読んだりして、さらには欧州の博士に滞在させてもらったこともあり、博士とお仲間たちの発信される情報に敬意を払ってきました。http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

As you can see in my blog, since 2012, I played the role of interpreting Dr. Michel Fernex after reading his paper and book, visited his house in France, and paid a great respect to his and his comrades' information. http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

彼らの情報や過去の活動に敬意を払っていることは今も変わりません。

My respect to their information and their past activities are not changed even today.

しかし10月14日、15日と早稲田大学で行われた「原発災害と人権ー法学と医学の協働」シンポジウムでは、残念なことがありました。

However, there were some regretful things I experienced through attending "International Symposium on Legal-Medical Aspects of Nuclear Disaster and Human Rights" at Waseda University. (partially supported by French Embassy and the admission was free though there were simultaneous French-Japanese translation)
 
高名な医学者、法学者が、福島原発事故後の人権について話し合う、このような機会はめったにないことであり、非常に大事なシンポジウムだと思いました。

Since there were some esteemed legal and medical experts were invited on this important issue, I thought this symposium is of great importance.

実際、私も出席して勉強になったと思っております。

As a matter of fact, I am glad that I had attended to have learned many things in various aspects.


ただ、すでに福島では、健康被害が出ており、肺がん転移までした甲状腺がんの子供たちが出ているのです。私はただ話をするだけでは足りない事態にまで来ていると思います。

However, in Fukushima, there have been many thyroid cancer kids even including some with lung metastasis.  I believe it is time for us to do something beyond just talking.

ところが、会議では、肝心であると思われる福島の子供たちの健康被害について話合われることさえ、まったくありませんでした。

Yet, in this symposium, the health hazards of Fukushima children were not even discussed at all.

というかそれ以前の段階で、健康被害はまだ見られないという医学者に対し、一般的な質問をする中で、福島の子供たちの実際の影響を話をする間もなく、会議は終わりました。

On the 2nd day, medical working group session was held, but without reaching the discussion of Fukushima children's health problem, the symposium came to an end.

私も質問しましたが、すべて時間切れで答えていただくことはありませんでした。

さらに、あとからわかったのですが、残念なことに、私は、「衝動的で非科学的」と陰口をフランス語で言われていました。。。

I also asked questions, but none of which were properly answered. 

All the more, I was being spoken ill of in French language as "impulsive and unscientific."
 
私は以下のメールを見た時に大変なショックを受けました。

When I found the following mail, I was in a shock.
 
そして私はすぐにこのメールをやりとりしていた人々に、誰の言葉であるか、質問しましたが、いまだに残念なことに、なぜだかわかりませんが、全員がノーコメントです。

I immediately sent out an email asking who made the following comment on me, but all the people ignored for some unknown reason.

ちなみに以下の私への中傷を含んだメールは以下の方々の間で交わされていました。

The following are the people who were exchanging a mail including a defamation against me.

Dr. Michel Fernex, Prof. Prieur Michel, Knüsli Claudio,  Mr. Walter Martin, Mr. Andreas Nidecker, Dr. Eisuke Matsui, Mr. Yves Lenoir, Mr. Kolin Kobayashi
 

****Description of Mari Takenouchi written by somebody*****
何者かによる竹野内真理への誹謗中傷、フランス語の文書


pour Waseda, je voulais informer la trop jeune et trop impulsive journaliste qui allaite son bébé de 4 ans qu'elle ne quitte jamais, mais nombreux sont ceux qui trouvent Mari impulsive et non scientifique et ne lui parlent pas. Elle aurait pu fournir à sa "petite" TV un message fort. (Si fort qu'elle a été attaquée en justice par un ministre à propos d'Ethos et que je l'ai défendue sur ce sujet délicat.)


At Waseda International Symposium, I wanted to let the very young and spontaneous journalist, breastfeeding her baby of four years old who never left his mother.  However, many people find Mari too spontaneous and unscientific and nobody told her about the symposium. 
 
She must have tried to send out a strong message through her small video camera.  

Her message was so strong that she was sued by Minister about Ethos. I have defended her on this delicate subject.

 
4歳の子を片時も傍らから離さず授乳中の、非常に若くて率直な女性ジャーナリストに、私は早稲田シンポジウムについて知らせたいと思っていた。ところが多くの人々が、この真理という人は、率直すぎてかつ、非科学的だと考えていたので、シンポジウムのことを知らせなかったのである。彼女は自身の小さなビデオカメラに、過激なメッセージを載せていたに違いない

(あまりに過激だから、「エートス」について彼女は大臣から裁判で訴えられたのだ。そして私はこの微妙なテーマに関して彼女を弁護することになったのだった。)








 

**********************

 

この中で、私が嬉しく感じたことは、「とても若くて」の部分だけです(笑)。

私が4歳の子連れであること、また小柄なアジア人であることから、実際は50近い年齢になりますが、西洋の人には若く見えたのでしょう。

Among the above description, the only comment I was happy was, "too young" (lol).  Since I am a petite Asian, for Westerners I may have looked young though I am nearly 50. 
 
他の部分は、ただただ信じられない内容のコメントでした。

Other part of the comments were just "Unbelievable."
 
福島事故の「人権問題」に取り組んでいるはずの医学と法学の専門家がこのようなメールを回覧していることに、心底失望しています。



I am totally dissapointed to see such a mail was circulated among medical and legal experts who are supposed to work on "Human Rights Issue".




まず「衝動的」という部分ですが、「福島の子供たちの健康被害」を心配し、具体的に発言する一母親を、Impulsive (フランス語では英語とは違い、無防備なほど率直であるというSpontaneousの方が近いと教えてもらいました)で非科学的で済ませるとはいったいどういうことなのか。



問い合わせても皆、なぜか知らないふりです。



First,  the usage of the word "impulsive" for a mother who is concerned about Fukushima children's health was so inconsiderate for medical and legal experts who are supposedly working on human rights issue after Fukushima accident. I am totally dissapointed at the usge of this word itself and also the attitude of everybody ignoring my question,which totally lacks sense of fairness.


 
さらに「非科学的」というコメントですが、どこが非科学的なのか、被曝問題で翻訳や記事を書いている私としては、具体的に知りたいところですが、誰が書いたのか同様、それに関してもまったく回答がありません。

2ndly, as for the word of "unscientific," I really want to know which part of my statement was "unscientific."  But again, there is no answer for that either.
 
また、私の発言は、以下のビデオで村田光平さんの発言の後にカバーされていますから、非科学的かどうかは判断いただきたいと思いました。

My statement is covered after Mr. Mistuhei Murata in this video. (Japanese only)
 
私の質問は、「健康被害がいつ出てくるかわからない」と発言されたシンポジウムの1stスピーカーである磯野弥生・東京経済大学教授に、「すでに福島では100人以上の甲状腺がん、中にはリンパ節転移や肺がん転移までいて、福島原発事故が原因という人が多いが、どう思われますか?」と言うもの。

My first question was toward the first speaker of the Symposium, Professor Yayoi Isono from Tokyo Keizai University who said, "We never know when health hazards may emerge." during her speech.

So I asked her, "Already in Fukushima, there are more than 100 thyroid cancer kids and many have metastasis in their lymph nodes and some even have in their lungs.  There are many people that these are the results of the nuclear accident.  What do you think of their opinion?"
 
これに対し、当の磯野教授からさえ、「私も影響があるのではないかと思いますが、政府見解は違います。この問題は2日目の医学ワーキンググループのセッションで討論して下さい」という趣旨の回答を頂きました。

For this, even Professor Isono answered, "I am afraid that that might be the case (radiation from Fukushima nuclear power did affect Fukushima children's health), but the government finding is different.  So this issue should be discussed on the Day 2, Medical Working Group Session."

 
 
午後のセッションでは2つの質問をしました。

「福島の甲状腺がんの子どもで肺がん転移した患者について、元が甲状腺がんなのだから、肺がんに転移しても治療は難しくない」という専門家がいるが、どう思うか?」

「ICRPの内部被曝の基準値である1mSv=30000Bqは高すぎて、住民の健康は守れないと思うが、どうか」

In the afternoon session, I asked the following 2 questions.

"I heard some experts' opinion saying that the treatment of lung cancer kid metastasized from thyroid is not difficult since the origin of cancer is thyroid.  What do you think?"

"I believe ICRP's internal exposure standard of 1mSv=30,000 Bq is way too high and can never protect the residents in contaminated area.  What do you think?"

ただし、時間がなく、幾人もの人の質問が挙げられただけで、答えを論じる時間はありませんでした。

But due to the lack of time, no questions were answered in the afternoon session.


(ただし松井英介医師が休み時間に、転移した肺がんの組織は、がんの組織自体が変化していることもあり、肺がん転移しても、治療は難しくないという意見は間違いであると教えて下さいました。)

(During the break time, I asked the metastasized lung cancer question, and he answered that the opinion of "easy treatment" was wrong due to the possibility of altered cancer tissues when the cancer got metastasized.)


2日目の医学ワーキンググループのセッションでは東大ホールボディーカウンターチームの坪倉医師が講演を行いました。


On the 2nd Day of Medical Working Group Session, Dr. Masaharu Tsubokura from Tokyo University Whole Body Counter Team made a lecture. 






この日の朝、偶然受付でお会いした坪倉先生に質問しました。
(4歳の息子は大柄でふくよかな坪倉先生を見たとき、抱き付いていました。
人なつっこい子なのです)


坪倉先生は、バンダジェフスキー論文を読んでいて10Bq/kgが危険であると言う事を知っているのですが、論文では1mSv(=30000Bq=500Bq/kg)以下が大半だから大丈夫と論文に書いているので私は質問していますが、納得できる回答は来ません。坪倉先生は「体内に溜まるのはセシウムばかりではないので(だからなおさら危険なのでは?)」とか「甲状腺がんが肺に転移しても治りはしないが、命に別状はない」と、よくわからないい話をされていました。)


(That morning, I asked questions to Dr. Tsubokura whom I met at the lobby. He has actually read Dr. Bandazhevsky's paper and knows that 10Bq/kg could lead to heart abnormality but in the US thesis, he was confirming the safety of Fukushima people's internal dose as below 1mSv=30000 Bq.  I have been asking questions to him but haven't heard any satisfactory answers.  Besides, that morning, Dr. Tsubokura said, "No risk on life itself for children who got lung cancer from thyroid cancer though lung cancer is not curable."  I didn't understand what he was saying..)


さらに坪倉先生は、「外部被曝でいくと福島よりほとんどの欧州の人の方が多く被曝している」と言う極端な話をするので、質問が集中していました。


(私はひそかに坪倉先生はサンドバッグ用に用意された人材ではないかと思ってしまいました。NYの会議でも同じような人材が来ていて、こちら側のひとが詰問することで質問する人がいいカッコができるのです。。)


On the Day 2 Medical Working Group session, Dr. Tsubokura was making a lecture saying that European people have more external radiation dose compared to Fukushima people.


しかしこれらの質問には福島の子供たちの現実に起きている健康被害についてのものはありませんでした!


Quite sadly, there was not a single question regarding the health hazards of Fukushima children!




最後にようやくさされた私も2分しか時間がなく、「1mSv=30000BqというICRPの基準がおかしいと国連に訴えなければ、子供たちの健康は守れないと思います。」と訴えただけでした 


(前日に100人以上の甲状腺がんや肺がん転移の話をしていたのに、なんだかまったく福島の子供たちを助ける方向に行っていないのを見て失望し、私は話しながら、恥ずかしながら涙声になってしまいました。)


I was pointed at the very end and had only 2 minutes.  So I just said, "Unless everybody appeals to the UN about the wrong ICRP standard of 1mSv=30000Bq in body, we cannot protect chidren in contaminated areas"


(Though I talked about more than 100 thyroid cancer kids and metastasis in some children's lungs, there was no atomosphere to help out Fukushima kids at all in this symposium.  While commenting, I was almost with tears.)


この後、坪倉先生は律儀に私にあいさつをして帰られました。
I thought it was decent and polite of Dr. Tsubokura to have greeted me after this session.
 
私は自分の発言のどの部分が「非科学的」と言われているのか、知りたいと思っています。

I really want to know which part of my statement was "unscientific."


1mSv=体内30000~40000Bqという話は、その日の朝も坪倉先生に確認している数字です。
1mSv=30000~40000Bq per body is the figure which I confirmed with Dr. Tsubokura.

 
さて、私が非常に気になったのは、4歳の子供に「授乳する」という部分です。私は今回のシンポジウムで、授乳している場面は一切ありませんでした。すでに私の4歳の息子は6月の初めにやっと卒乳してくれたからです。そうすると、この表現は誰のアイデアから来たものなのか。。。

Thirdly, I felt quite uncomfortable on the comment of "breastfeeding the 4 year old baby." 

There was not a single time when I was breastfeeding my son since my son stopped it at the beginning of June this year.  Then whose idea was it? 
 
それで思い当たりました。私は2012年5月、Fernex博士来日時に講演会の通訳を頼まれて行いましたところ、ありがたいことに多くの方の好評を得て、主催者の松井英介医師も「竹野内さんは、医者ではないのだけれど医者よりもよく知っている」と過分な褒め言葉を頂きました。http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

Then I came to remember...in May 2012, I was asked to do interpreting of Dr. Fernex lecture in Tokyo and I was complimented for that by many people.  Dr. Matsui even said, "Ms. Takenouchi is not a doctor but she knows more than a doctor."
http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

2013年の5月に、その松井医師が私に「(松井夫妻とストロンチウム90の調査をしようとしている歯科医の方々と共に)ドイツに行きませんか」と誘ってくださいました。

私は通訳を頼まれているのだと思いましたら、松井先生は「竹野内さんの事を尊敬していますので、一緒に来てほしい」と言われ、旅費も自費で来てほしいとのこと。

In May 2013, Dr. Matsui asked me to visit Germany together with some dentists who are studying Sr 90.  At first, I thought I am being asked to do interpreting again, then Dr. Matsui said, "I respect you, Ms. Takenouchi, and that 's why I want you to come with us." 
 
欧州への航空券代は子供と二人分になり、結構な出費ですから迷いました。しかも私はその2か月前の2013年3月に息子と無理してNYの国際会議にも出席したばかりで、ここでも数十万円使ったばかり。

決して私はお金がある方ではないので、よほどでないと高額の旅費は使いたくありません。そしてもしも理解し合える仲間内での話合いなら、わざわざ高い旅費を払わずとも、電話やメールでコミュニケーションできると、私は合理的に考えてしまう性格です。

I need to pay the airfair of two people, one for myself and one for my then 3 year old son.  (Airfair is free for up to 2 year old and 3 year old is almost the normal airfair.)

Only 2 months prior to the visit to Europe, I went to NY Symposium with my son in March 2013 and I spent thousands of dollars.

 I am not rich and to be honest, I didn't want to spend extra money for traveling. 

And I have rather rational way of thinking and I believe if we would like to communicate with someone who are on the same side, we can use telephone and emails.

しかし、自分で以下のように考えてみました。「(仲間に会うだけだったら行くことはないと思っているが)IAEAにはなるべく早くに日本で起きている健康被害について、知らんぷりされる前に直訴したい」それで、これを機会に欧州に行くことにしました。

「どなたか一緒にIAEAにも行きませんか」と申し出ましたが、そちらに行く人はおらず、一人で行くことになりました。

But at the same time, I wanted to appeal to the IAEA which may ignore the ongoing and coming health hazards and I thought this could be a good opportunity to do that. 

I asked other people, "Is there anybody who would like to visit IAEA, too?"  But there was nobody.


疎開裁判の柳原弁護士にもお尋ねしましたが、返事はNOでした。(ちなみになぜか疎開裁判のMLで、国連にメールを出すことを訴えましたが、これもやってくださる方はいませんでした。)
 
もちろん子供と二人きりでIAEAに行くことは不安で、今後起こり得る自分や息子への攻撃を考えると、一睡もできない夜もありました。

I also asked lawyer Yanagihara who has been working on Fukushima Kids' Collective Evacuation Trial in Japan but he declined my offer too.  (Also I called for sending e-mail to the UN, but my proposal was again declined in the mailing list of Collective Evacuation Trial people...)

Of course, I had a lot of anxiety to visit IAEA only by myself and my son, and I remember one night, I could not sleep at all concerning a possible attack to me and my son...

私は本当に福島の子供を助けたいなら、まず各国政府が依拠しており、原子力や被曝問題をコントロールしているIAEAやUNSCEARに訴えるべきと思います。


仲間内で話しているだけではなく、反対側にいる原子力推進の国連に訴えることで、世界にこの根本的な問題を広げるべきだと思います

上のビデオでも元スイス大使の村田光平さんも国連のIAEAに訴える重要性を説いています。

However, if one really wants to helpFukushima kids, we need to appeal to the IAEA and UNSCEAR on which each nuclear power nation depend.  They are the root cause of nuclear power and radiation issue and they are the ones who control this issue.  

Not only talking with people on the same side, but by appealing to the other side (the United Nations=promoter of nuclear energy), we should disseminate this important issue.

The former Swiss Ambassador, Mr. Mistuhei Murata also talked about the importance of appealing to the IAEA.

しかし、実際にIAEAに訴えている人々が日本に何人いるのか、私はわかりません。

(この時私が送ったIAEAへの書簡はこちらです。返事は着たものの、面会はできず。。
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html

I do not know how many people have actually appealed to the IAEA.  (The following are the questions to IAEA and their reply from IAEA http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html
 
さて、松井先生に誘われた欧州へは、詳細な日程は知らず行きました。

Sr90のことでドイツの研究所に行った後フランスに。事前には知らなかったのですが、Fernex博士の家に滞在し(松井医師は博士と交流があり、宿泊されたことがあるそうで、すごい大きなお家と動物さんの居る広いお庭で息子は大喜び)。ここでのおもてなしについては感謝しています。

I didn't know the schedule of Dr. Matsui's visit to Europe in details.  After visiting a laboratory in Berlin regarding Sr.90 measurement, we went to France.  I didn't know it in advance, but in France, we stayed at Dr. Fernex house (Dr. Matsui has been in communication with Dr. Fernex and had stayed there before.  The house was really big and the yard had various animals, which pleased my son very much.)

I really appreciated the stay at Dr. Fernex's house and his hospitality.
 
 
その後、あるスイスの研究所にも皆で行くことになり、その時は通訳を頼まれました。

After that, we went to a laboratory in Switzerland and I was asked to do some interpretation.

正直、スイスの研究所での会話は、かなりテクニカルだったので、私の通訳がなければ、会話は成り立たなかったと思います。今回のシンポにはこの研究室に居た科学者も来ていました。

To be honest, the conversation was quite technical, and without my interpretation, I thought the conversation could not be understood each other.  In the Waseda Symposium, a scientist who was there attended the conference.

通訳が終わると、研究所の人は私に「どうしてこのようなテクニカルな会話を完璧に通訳することができるのですか?なぜこのように専門用語をよく知っているのですか?」と会話の後に私に尋ねてくれました。

私は、「被曝に関連する本を3冊訳しました。また10年以上、企業で技術通訳を行ってきたからかもしれません」と答えました。

After the conversation, a scientist asked me, "How come can you do such a perfect interpretation with so many technical words?"  So I answered, "I translated 3 radiation related books and I have done technical interetation at different companies for more than 10 years."
 
この時、私は当時三歳の息子と一緒でした。三歳の息子が研究室でのわけのわからない話をじっとおとなしく聞いているはずがありません。

During the whole time, I was with my 3 year old son.  3 year old boy could never be quiet listening to uncomprehensible talks.

おかげで前半のレクチャーは、私はなんとなるべく授乳用シャツで隠すように授乳をしながら通訳をしました。他に息子を静かにさせながら通訳する方法がなく、仕方なくでした。(後半の研究室内を移動しながらの通訳の時は松井夫人が息子の面倒を見てくれていました。)

In the beginning half of the lecture, I even did the interpretation breastfeeding my boy while trying to cover up with my breastfeeding shirt.  I had no choice since I could not make my boy quiet during the lecture.  (In the latter half, while we had conversation touring the laboratory, Mrs. Matsui was taking care of my boy.) 
 
ということで、この時同行していたFernex博士と松井夫妻、同行していた歯科医の方々、研究室の方々は私が授乳しているところを見ていたことになります。

In this way, Dr. Fernex, Mr.&Mrs. Matsui, 3 Laboratory staff in Switzerland, and 2 Japanese dentists were watching me actually breastfeeding.
 
私の側からすれば、自腹で欧州に来ることを誘われ、3歳の子供を抱えたシングルマザーであるにもかかわらず無理をしながら行き、このスイスでの通訳の件も直前まで知る事なく、ボランティアで行っています。

にもかかわらず、陰で「授乳中で非科学的な」という、「非科学的な」という部分は事実に基づかない悪い噂話をしている人々がいることに、非常な不快感を感じています。

From my side, I was asked to come to Europe with my own expense, and I made tremendous effort to go to Europe being a single mother with 3 year old, and it was completely volunteer interpreting not knowing what I was supposed to do in Switzerland. 

However, I was spoken ill of myself behind the back in French such as, "young journalist breastfeeding a baby," and "unscientific," contrary to the fact.

To be honest, I feel very uncomfortable to know this unbelievable fact.
 
そもそも、「女性に対し、授乳中という事を書いて拡散すること自体が、悪くするとプライバシーの侵害にも触れるのではないか」と言うフランスの知人もいます。

(私はこの問題はよくわかりませんが、確かにこのようなことをメールで拡散する行為そのものが品性に欠けるのではないかと感じます。しかも拡散している人々は法学者であり、医学者なのです!!)

To begin with, a French person I know pointed out, "It may be an infringement of privacy to talk about a woman breastfeeding her baby to other people."

(I do not know about this matter since I am not a French legal expert.  However, I think spreading such rumor lacks decency and consideration.  Moreover, the person who said and spread such a rumor are legal and medical experts!)

思えば、残念なことですが、2014年1月にエートスから刑事告訴を受けた時も、私の署名を拡散して下さる日仏の団体は皆無で、すべて組織に属していらっしゃらない人々が拡散して下さいました。

Regretfully, looking back my ETHOS criminal accusation incident in January 2014, nobody in this French group or Japanese groups disseminated my petition calling for non-indictment, and all the French people who helped me were individuals.

ですからこのメールの私への中傷者が、

「エートス」について彼女は大臣から裁判で訴えられたのだそして私はこの微妙なテーマに関して彼女を弁護することになったのだった」

と書いているのは、事実ではないと思います。

So the following word of my slanderer is not a fact;

"Her message was so strong that she was sued by Minister about Ethos. I have defended her on this delicate subject."

理由はわからないのですが、このフランスの団体の方々からは、エートス刑事告訴については、署名を廻してもいただけず、また、不起訴になった時に報告しても、「おめでとう」の一つもありませんでした。

このフランスのグループの方がたで、私のために弁護してくださった方はいないのではないか思います。

(それとも私に対する誹謗中傷者が、実は権力とつながっており、私の知らないところで推進側の誰かに対し弁護していてくれたのでしょうか。その場合は感謝しなければなりませんね。。いずれにせよ、私にはよくわかりません。)

For some unknown reason, this French group of people never responded though I asked for the dissemination of the petition to ask for non-indictment and after I got non-indictment, I had never received any word of congratulations. 

So I do not think this person ever defended me.

 (Or maybe the slanderer who has connection with the nuclear lobby did defend me from nuclear lobby while I did not know!? If that was the case, I may have to be appreciative of this person...but anyway, I have no idea what was really happening....)


「大臣から裁判で訴えられた」と言うのも不可思議です。ご存知のように訴えたのは、福島のエートスの代表、安東量子氏です。なぜ大臣が出てくるのか。

It is also funny that this person said that I was sued by "Minister".  As a matter of fact, the accuser was Ms. Ryoko Ando, the director of Fukushima ETHOS.

エートス関係は、2011年11月にフランスのエートス創設者で代表であるJack Lochard氏(フランスの原子力ロビーから資金提供を受け、オフィスも仏原子力庁にあるCEPN代表)が内閣府に来て来日公演をしています。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/02/ethos-leader-accused-takenouchi-of.html

However, the French ETHOS leader, Mr. Jack Lochard (director of CEPN funded by French nuclear lobby) was invited to give lecture at Japanese Cabinet Office in November 2011. 
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/02/ethos-leader-accused-takenouchi-of.html

やはり、私へのツイートで刑事告訴、さらには書類送検という前代未聞の出来事は、後ろに日仏の省庁(Ministries)が糸を引いていたのでしょうか?

(それを考えると非常に怖いです。つまり、原子力を持つ国の省庁が、一見市民側に見える反原発・反被曝団体との密な関係を保持していることを意味するからです。)

So maybe it was the case that some Ministries of Japan and France was actually involved in this unprecedented criminal accusation against me for a tweet.

When I think of this, I felt very scared...since this means that citizen-sided anti-nuclear/radiation exposure organizations actually do have close ties with Ministries of governments which possess nuclear power...

「エートスという微妙なテーマ・・・」という言い方も不思議です。

もともとエートスに関しては、このフランスの団体、及び賛同者の日本の方々からの情報をもとに私は情報拡散していたのです。

(ちなみにエートスに関しての情報は英語ではほとんどありません。以前から英語発信していた人は、私の知る限り、あるドイツの活動家の方だけです。

フランス語と日本語だけの発信では世界に広まらないので、私は日本語と、英語にも翻訳し、数多く発信していたら、ひとりで刑事告訴を受けたわけです。)

In addition, the way they descrive ETHOS as delicate issue is also a wonder. 

Originally, I obtained information from this French organization and their Japanese supporters.

 As a matter of fact, there was almost no English information on ETHOS besides a German activist’s blog. 

French and Japanese are not enough to let the world know about this grave issue, so I disseminated ETHOS information in English, too and then got criminal accusation.



話を戻して、2013年春には、私は欧州まで子供と二人分の旅費を書けて行き、通訳もし、その時から「2014年くらいにシンポジウムを行うから、ぜひ参加してほしい」と当時はFernex博士らからお願いされていました。

しかし、その後なぜか音沙汰がなく、今回のシンポもたまたまメーリングリストで流れてきた情報を自分でキャッチして急いで申込んだので来れたのであり、締め切り前に私に知らせてくれた方は皆無でした。

Going back to Waseda Symposium topic, while I visited and did some volunteer interpreting in Europe in the spring of 2013 with my son through my own expense, I was asked to attend and cooperate for an international symposium to be held in 2014 by Dr. Fernex.  

But there have been no notification about the Waseda Symposium to me since then for some unknown reason.

I happened to catch the symposium information through a mailing list a month earlier though nobody informed me of the symposium before the deadline of the application.

(Only after the deadline, I was invited by one French legal expert through an e-mail.)

また、私への誹謗中傷よりもさらに深刻な問題と考えたのが、チェルノブイリの事故後に遺体解剖や病理分析をされたBandazhevsky博士への誹謗中傷です。

kgあたり10Bqの体内セシウムが心臓に異常をきたすことがあると言う、後にも先にも同種の研究をしていない博士の功績を非常に高く評価しており、常々私は尊敬しています。

Furthermore, what is more serious than the defamation against myself is "Defamation against Dr. Bandazhevsky".  

I respect Dr. Bandazhevsky and his studies which has been unprecidented. 

He conducted pathological studies of Chernobyl victims through autopsies and found that 10Bq/kg cesium in body could lead to heart abnormality.

ところが、この会議に出席されていた方々の中から、Bandazhevsky博士の研究は出鱈目だと言う発言を休み時間に聞きました。さらには、バンダジェフスキー博士は人柄悪く、奥さんや子供など家族でさえサポートしていないという噂話がありました。

However, I heard a rumor that Dr. Bandazhevsky's studies are nonsense.

I also heard another kind of rumor by other people that Dr. Bandazhevsky has a bad personality and he even does not take care of his own wife and children.

非常に悲しく思いました。まず、博士の研究がデタラメというならば、その具体的根拠が示され、陰口の形でなく、オープンな討論が公平な形で成されるべきだと思います。

I was so sad listening to these groundless rumors.  If his studies are denied, there should be concrete grounds for it and open and fair discussion should be necesary.

また他人の家族の話を持ち出すこともフェアではないと考えます。

犯罪行為が行われているのでもない限り、他人の家族関係を話すことは、None of your businessだと私は思うし、家族との問題は当人しかわからないことも多いので、部外者が噂話を広めることは正しい事ではありません。

Also, I believe it is not fair to speak ill of other scientists bringing up his/her family matters. 

As long as there is no criminal situation going on, it is non of other people's business to talk about one's family and nobody outside of the family can see the reality.  It is just not right to spread bad rumors of any other people's family.

このことも私は、メールで私への誹謗中傷の件と合わせ、お尋ねしたところ、やはり残念なことに、誰もこれに回答する人はいませんでした。

Along with the defamation against me, I asked these groundless defamation against Dr. Bandazhevsky through e-mail circulation, but again, there was no answer to it.

ただ、嬉しいことがひとつだけありました。

バンダジェフスキー博士にご機嫌伺いのメールをお出ししたところ、以下のメールの返事が来ました。奥様とも国際欧州プロジェクトの共同研究をやられているようです。

またお子様は皆、成人してそれぞれの家族を持ち、最近ではお孫さんも誕生されたようです。安堵する気持ちと同時に、無責任な噂話に対し、違和感を禁じえません。

There was one good thing, though.

 I sent a mail asking how he is doing to Dr. Bandazhevsky, and I received the following mail.  He is doing his joint research with his wife under International European Project and his children are all grown-ups and they have their own family.  Also, he got a new grandson recently. 

I felt relieved to receive Dr. Bandazhevsky's mail and had increased skepticism on the groundless rumors.

また新たな研究のおかげで、バンダジェフスキー博士は彼に対する攻撃が最近、増加していると言います。

どうか博士の大事な研究を妨害する人がでてこないことを望みます。

Dr.Bandazhevsky said in the following mail that renewed attack starting against the Dr. due to the new research. 

I really hope that nobody would obstruct Dr. Bandazhevsky's precious works in the future.

******************************

Dr. Bandazhevsky's mail

Дорогая Мари!
Большое спасибо за Ваше письмо. Прекрасно понимаю ситуацию, которая сложилась сейчас  вокруг  ядерных проблем.  Большое спасибо  Вам за Вашу принципиальную позицию.
К сожалению, в последнее время   начались новые атаки на меня и мою   научную деятельность.  Я совершенно с  Вами  согласен, что мои взаимоотношения с моей семьей -  это мое личное дело и нельзя комментировать это в открытой печати.  Хочу отметить то, что у меня  в семье все хорошо, мы продолжаем нашу совместную научную деятельность с  Галиной.  Мои дети уже взрослые, у них есть свои семьи. У меня родился внук.
 Считаю, что  одной из основных причин атак на меня в настоящее время  является моя деятельность в Украине по организации международного европейского проекта .  Однако, я продолжаю свою работу в этой стране по организации защиты здоровья населения, пострадавшего от аварии на Чернобыльской атомной электростанции.

С наилучшими пожеланиями,
Юрий Бандажевский

Dear Mari! 親愛なる真理へ!
Thank you very much for your letter. Fully understand the situation that has developed around the now nuclear problems. Thank you very much for your principled stand.

手紙をありがとう。今の原子力界隈の問題ある状況についてよく理解できました。
方の道義に基づいた姿勢に感謝します。
Unfortunately, recently began a new attack on me and my scientific work. I completely agree with you that my relationship with my family - it's my own business and can not comment on it in the press. I want to note that in my family are all well, we are continuing our joint research activities with Galina. My children are adults, they have their own family.  I was born grandson.

残念なことに、最近僕と僕の研究に対し、新たな攻撃が始まっています。僕と家族の関係については、まったく貴方と同意見です。それは僕の問題であり、公にコメントする類のものではありません。

でもお知らせしておきたいのは、僕の家族は皆、元気です。妻のガリーナとは共同研究を続けています。
僕の子供たちは皆、成人しており、自分の家族を持っています。僕には孫も生まれました。
I think that one of the main reasons for attacks on me at the moment is my work in Ukraine on the organization of the international European project . However, I continue my work in this country for the organization to protect the health of people affected by the accident at the Chernobyl nuclear power plant.

このタイミングで僕に攻撃があるのは、国際欧州プロジェクトの組織における僕のウクライナでの研究のせいではないかと思います。

でも僕は、チェルノブイリ原発事故により健康被害を受けた人々を守るため、この国で研究を続けるつもりです。
With best wishes,

お元気で
Yuri Bandazhevsky

ユーリ・バンダジェフスキー

 
 
 
 追記 Postscript:


「すべての反原発・反被曝団体は最も大事な福島の子供たちの健康被害の問題を回避しているのではないか?また健康被害が明らかになるタイミングを遅らせようとしているのではないか。健康被害の問題にすぐに取り組もうとする人の足を引っ張ろうとしているのではないか」

"Are all the anti-nuclear/radiation expousre organizations trying to avoid the topic of on-going Fukushima children's health hazards, or to delay the exposure of this most important topic? And aren't they disseminating defamation of those who really try to work on health hazard issues in a timely manner?"

正直なところ、私は反原発や反被曝の組織や団体で100%信用できる団体がありません。
日本国内でも、国外でもです。
もしも権力側であったなら、かならず人を送り込むと思うからです。
(私が権力側に居たら、必ずそうすると思います)

To be honest, I do not have any anti-nuke/radiation organization which I can trust 100% both in Japan and overseas...
If I was in the government side, I would dispatch people to every citizen groups for sure.

だから、反原発や反被曝などの活動は、情報交換などは幅広くやりながら、アクション部分は志のある人が少人数であっても、さらには一人であっても、ゲリラ的にあちこちでやるしか、方法はないのではないかと常々思います。

Therefore, I strongly believe that anti-nuke or anti-radiation exposure actions should be initiated by small number of people or even each individuals. 

団結するのを待っていたら、必ず、横やりが入るからです。。。

Because it is always the case that some obstructions would come before the movement gets unified.

しかし、これを書いている私も読んでいる皆さんも、赤ん坊ではないのです。

物が言えて読めて、書けるのです。

However we are not babies who cannot talk.  We adults are capable of talking and writing.

つまりいくら権力が巨大でも、私たちの可能性はゼロではないのです。

In another word, our potential is not zero no matter how powerful the governments or UN organizations are.

特に福島原発事故後、責任感と心ある大人は、物言えぬ赤ん坊やこれから生まれてくる世代のため、アクションを起こすべき時だと考えています。

I think it is time for us to take actions especially after Fukushima accident, for the speechless babies and coming generations.

以下の福島の子供たちが疎開できるための署名を細々と続けています。

Though my power is very limited, I have been continuing the dissemination of the following 6 language petition to evacuate kids from Fukushima.

どうか福島の子供たちを助けたいと考える方々は、ご協力をお願いいたします。

For those who really want to help Fukushima children, please help sharing it.


Japanese(日本語)http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?utm_content=buffer11073&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

English http://www.change.org/en-GB/petitions/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?lang=en-GB&utm_content=buffer11073

またシングルマザーの私ができるのだから、IAEAや国連に、チェルノブイリや福島の放射能による健康被害を訴えられる人も、もっといてもいいのではないかと思います。

Even I, a single mother with then 3 year old boy did it.  I also assume that there may be a lot of capable people who could directly appeal to the IAEA and UN on radiation hazard issues in Chernobyl and Fukushima.

 そしてなにより、ロナルドレーガンの兵士の訴訟のように、健康被害に焦点を当てて、福島の被害者のために立ち上がってくれる医学者や法律家が現れてくれることを願ってやみません。

Also, it is my sincere hope that there will be some medical experts and lawyers who actually fight for Fukushima radiation victims in the form of lawsuit on health hazards in the near future.