Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2014年8月29日金曜日

2 Thyroid Cancer Fukushima Kids had metastasis in their lungs! 福島の甲状腺がんの子供2人に肺転移!

悲しいニュースが流れました。福島の甲状腺がんの子供で肺に転移した子どもが二人も出たと言うのです。

I heard a very sad news today through Kyodo News Agency.  There have been 2 Fukushima thyroid cancer kids who got metastasis in their lungs.

私は原発事故直後からずっと、子供と妊婦の移住を訴えてきました。

I have been calling for evacuation of kids and pregnant women since right after Fukushima accident.

いくら食べ物に気を付けても、呼吸はせざるを得ず、自分も東京における3月15日の初期被曝で咳が出続けましたし、私が最も恐れていたのは肺がんだったからです。

No matter how careful you are on what you would eat, nobody can stop breathing.  I myself had persistant coughing after March 15 radiation exposure in Tokyo and what I was afraid most was lung cancer.

2011年秋、1日だけ福島を訪れたことがあります。その時、福島では女性の駅伝大会のポスターが張られ、宣伝されており、私は背筋が凍りました。

I visited Fukushima just one day in autumn 2011.  That day, my spine got frozen by seeing  advertising posters of Women's Marathon Race in Fukushima.




その後も放射線管理区域と同等以上の線量の場所で、子供たちのマラソン大会が行われていました。

NHKなどの公共放送が、甲状腺がんの発生には一つも触れず(なぜかNHK国際では触れましたが、国内の放送では全く触れません)、福島の子供たちの屋外での運動会や果物狩りを盛んに宣伝しています。

 

After that, I got to know that even children's marathon races were being held in areas with doses equivalent to radiation control areas. 

NHK, Japanese public TV station, never touches upon the thyroid cancer incidence in Fukushima (though they did in NHK international, they never did in domestic programs), and instead, keeps covering children's outside sport festivals and fruit-picking in Fukushima.

国は福島への住民の帰還に向けたプログラムを勧め、このような大事なニュースは決して公共放送のNHKなどではやりません。

NHK shows programs which encourage residents in contaminated areas to go back their home town, and they never show this kind of serious issues.

一方、私は福島に子供を居させ続けることは人体実験とツイートで発言しただけで、福島に人々が住み続けることを推奨する団体から刑事告訴を受け、その後もネット上の嫌がらせ者からの脅迫が絶え間なくあります。

Meanwhile, I was even criminally accused by a leader of ETHOS, a Fukushima NGO which encourages residents to keep living in their homeland, and have been threatened by countless internet obstructors.

自国の子供たちを見捨てるような政府やマスコミは、完全に狂っています。

I truly believe any government or media which ignores their own people's children's health/lives is insane.

ちなみに安倍首相はNHKチーフプロデューサーからの政治献金隠しで最近、刑事告発を受けましたが、NHKはこの大事なスキャンダルをも無視ています。

http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/08/pm-abe-tried-to-hid-donation-from-nhknhk.html

In addition, recently, Prime Minister Abe was criminally accused for covering up the political donation from NHK Chief Producer, but NHK has been ignoring this important scandal.

http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/08/pm-abe-tried-to-hid-donation-from-nhknhk.html


私はこのことを世界の人に知ってほしいです。

I want these facts to be known among all the conscious citizens in the world.



***************************
From Kyodo News

福島県立医大の鈴木真一教授は28日、東京電力福島第1原発事故を受け福島県が実施している甲状腺検査で、がんの疑いが強いと診断、手術した子供の具体的な症例を横浜市で開かれた日本癌治療学会で報告した。

On August 28 at the Japan Cancer Treatment Society, Professor Shinichi Suzuki from Fukushima Medical University reported concrete examples of children who have or suspected to have thyroid cancer throught the Fukushima prefectural thyroid examination after Fukushima Daiichi accident. 

 がんは原発事故の影響とは考えにくいとの見方を示した上で、過剰診断や必要のない手術との声が上がっていることに触れ「基準に基づいた治療だった」と強調した。

After explaining his perspective showing that the possibility of the nuclear accident influence is little, he stressed, "his treatment was in accordance with the standard." 

 福島県の甲状腺検査は震災発生当時18歳以下の約37万人が対象。これまで甲状腺がんと確定した子供は57人、「がんの疑い」は46人に上る。子どもの甲状腺がんが急増した1986年のチェルノブイリ原発事故と比較し、鈴木氏は「症状も年齢分布もチェルノブイリとは異なる」とした。

The subjects of the thyroid examination is 370,000 children under 18 at the time of the accident in Fukushima prefecure.  The confirmed cases are 57 and suspected case are 46.  Compared to the 1986 Chernobyl nuclear accident, Professor Suzuki said, "Both the symptoms and age distributions are different."
 
 がんの57人のうち県立医大が手術した54人について、8割超の45人は腫瘍の大きさが10ミリ超かリンパ節や他の臓器への転移などがあり、診断基準では手術するレベルだった。2人が肺にがんが転移していた。

As for the 54 thyroid cancer patients who went through the surgery at Fukushima Medical University out of the 57 (translators; which means only 3 had surgery outside of Fukushima Medical University), more than 80% had cancer size larger than 10mm or metastsis to lymph nodes or other organs, which needed surgery.  2 had metastasis in their lungs.

 残る9人は腫瘍が10ミリ以下で転移などはなかったが、7人は「腫瘍が気管に近接しているなど、手術は妥当だった」。2人は経過観察でもよいと判断されたが、本人や家族の意向で手術した。

The remaining 9 had cancer size less than 10 mm without any metastasis.  But according to Prof. Suzuki,  "7 had cancer adjacent to the resparatory tract and conducting surgery on them was right decisions."  The remainig 2 could wait for surgery by follow up observation, but they received the surgery based on the will of the patient and his/her families.  

 手術した54人の約9割が甲状腺の半分の摘出にとどまった。

90% of the patients had their thyroid extracted only half.

 福島の甲状腺がんをめぐっては一部の専門家から「手術をしなくてもいいケースがあったのではないか」との指摘があり、患者データの公開を求める声があった。

As for the Fukushima thyroid cancer, some experts asked, "Weren't there any cases where no surgery was needed?" and the call for disclosing the patients' data was mounting.

**************

「子どもと妊婦を避難させて!」署名にご協力を!
 

Please "Evacuate pregnant women and kids!"
Please share this 6 language petition!

Japanese

http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?utm_content=buffer11073&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

English

http://www.change.org/en-GB/petitions/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?lang=en-GB&utm_content=buffer11073


2014年8月25日月曜日

103 Thyroid cancer kids in Fukushima! 30 out of 100,000 甲状腺がんの子103人〜福島で10万人に30人

子どもと妊婦を避難させる6か国語署名にご協力を!
Evacuate kids and pregnant women!

Sign 6 language petition!

(English/Japanese/French/Chinese/Spanish/Italian)! 

以下の英日中仏西伊の署名を拡散ください!

 English petition:http://www.change.org/en-GB/petitions/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?lang=en-GB&utm_content=buffer11073

日本語署名 Japanesehttp://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?utm_content=buffer11073&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

 

From Our Planet TV

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1821

上記URLより転載、これから英訳をつけます。

English translation to be followed.
投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 08/22/2014 - 05:12

 
東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べている福島県の「県民健康調査」の検討会が24日、福島市内で開かれ、甲状腺がん悪性と診断された子どもは、悪性疑いも含め103人になった。すでに手術を終え、甲状腺がんと確定した子どもは57人に達した。

On August 24th, Fukushima prefectural health survey meeting was held in Fukushima city, and it was reported that there are 103 thyroid cancer kids including the suspected cases.  There have been already 57 kids who already had surgery with confirmation of cancer.

 
2011年秋から開始している福島県内の甲状腺検査。福島県内のすべての地域で1回目の検査を終了し、事故当時18歳以下36万人のうち約8割に約29万6000人が受診した。

県内では最も遅い時期に一次検査を実施した会津地域の2次検査結果も8割以上が判明し、2次検査の穿刺細胞診で悪性または悪性疑いと診断された人は104人となった。

そのうち、すでに手術を終えたのは58人で、一人は良性結節だったものの、乳頭ガンが55人、低分化がんが2人と確定した。

As for the thyroid examination started in fall of 2011 by Fukushima prefecure, 80% of the 360,000 minors under 18 years old at the time of accident, the total of 296,000 have gone through the examination.

In Aizu area where the examination started last had 80% results of the secondary test. 

And the total of 104 kids were diagnosed as malignant cancer or suspected cancer through the needling biopsy.

58 kids already went through the surgery and one was found to have benign nodule, but 55 had papillary carninoma and 2 had anaplastic cancer.

 
福島県立医大は今回、地域別の発症率を算出した。それによると、悪性および悪性疑いの割合は、県全体で10万人に30人。地域別では浜通りでは35.3人、中通りで35.4人、会津で27.7人となった。

Fukushima medical university calculated the thyroid cancer rate in each region of Fukushima.  According to that, there are as many as 30 thyroid cancer kids in 100,000 in Fukushima as a whole.  There are 35.3 in Hamadori (coastal area close to Fukushima Daiichi) and 35.4 in Nakadori (central area in Fukushima) and 27.7 in Aizu (mountaneous area in the west).

1991年から1996年まで、チェルノブイリの汚染地域で甲状腺がんのスクリーニング検査を行った長崎大学のデータによると、ジトーミル州のコロステンで10万人に31人、キエフで22人とされており、福島の結果はチェルノブイリの汚染地域に匹敵する割合となっている。

According to the data in Nagasaki University which conducted screening test on thyroid cancer in contaminated areas in Chernobyl, there were 31 out of 100000 in Korosten in State of Zhytomyr and 22 in Kiev in Ukraine. 

The result shows similar rate of that of contaminated areas in Chernobyl.
 

 

高村昇(長崎大学原爆後障害医療研究所)「チェルノブイリ原子力発電所と 健康影響」(2013年6月24日)
http://www.jrsm.jp/shinsai/kouen-1_takamura.pdf
 
検査開始当初は、100万人に2〜3人とされていた子どもの甲状腺がん。検討会では、スクリーニング検査による過剰診断との声も上がる中、星座長から「甲状腺検査に関する論点整理」と題する中間まとめが出され、検査の目的や検討会の役割について再検討すべきではとの問題提起があった。これに対し委員からは、被曝の影響かどうかを解明する必要があるとの意見が出た一方で、あくまでも子どもたちの健康を見守る検査であるべきだとする慎重論も出た。春日委員が、福島県立医大の医師を除いた形で、一度、調査のあり方や結果の評価について検討すべきと提案し、了承された。
 
記者会見・前半

 
記者会見・後半

 
資料:
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/kenkocyosa-kentoiinkai-16-si...
 
なおOurPlanetTVでは、福島県立医大の区分け及びUNSWEAR(国連科学委員会)の線量評価を参考に福島県を10の地域に分けて、人数割合を算出した。
 

  
 
UNSCAER 2013和訳版 P30 「事故後1年間の成人の実効線量」

UNSCAER 2013 P187「事故後1年間の1歳児の甲状腺等価線量」
http://www.unscear.org/docs/reports/2013/13-85418_Report_2013_Annex_A.pd...
 
関連ニュース
2014年6月12日
リンパ節転移が多数~福島県の甲状腺がん
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1793
2014年5月16日
甲状腺がんの子、疑い含め89人に〜福島県民健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1778
2014年3月2日
「甲状腺検査は過剰診療か」がん増加で激論〜福島健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1735
2014年2月24日
福島の甲状腺がん「放射線影響ではない」〜国際会議
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1732
2014年2月21日
「甲状腺がん、放射線の影響か」国際会議で議論はじまる
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1731
2014年2月5日
甲状腺がん悪性・悪性疑い74人〜福島健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1727
2013年12月21日
「100ミリ以下はがん増えない」誤り〜専門家会議で一致
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1706
2013年11月26日
福島健康調査・甲状腺検査評価部会
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1686
2013年11月12日
福島県検査で甲状腺がん58人~最年少は8歳
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1674
2013年8月21日
甲状腺がんデータに大幅ミス〜福島県民健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1633
2013年8月20日
甲状腺がん悪性、悪性疑い43人〜福島県民健康管理調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1630
2013年2月13日
福島県甲状腺検査~3人が甲状腺がん、7人悪性疑い
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1532
2012年9月15日
甲状腺の検査改善求め~市民が県立医大に要望
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1441

*******************************
 
 

 

Henoko anti-base canoe activist injured by Japan Coast guard 辺野古で非暴力の反基地カヌー活動家が海保から暴力で怪我



A non-violent canoe activist was grabbed by his neck violently by Japan Coast Guard person.
Interview follows with bilingual video and text
非暴力で反基地運動をしていたカヌー活動家が海保の人員に暴力的に首をつかまれる。
(Photo from  Okinawa Times August 23, 沖縄タイムズ 8月23日)

*被害にあったカヌー活動家のインタビュー動画とテキストは後半にあります。
ちなみに暴力をふるった海保の人員は、以前にも眼鏡を書けた反対市民をわざと眼鏡の上から強く押さえつけ、目の横が流血したと言う暴力も振るったことがあるそうです。

The same Japan Coast Guard person is known to have done another violent act against an anti-base citizen before.  The guard pressed a citizen grabbing his glasses onto his face, which lead to bleeding, according to local people.
 

The canoe activist was diagnosed as "cerevrel sprain which would take 10 days to be recovered" at the hospital he went on the same day.
その後、病院で全治10日間の頸椎捻挫と診断。

Interview video
interview動画
(途中からなぜか音声が小さくなったり、復活したり。。。そこで内容を書き起こしました。)

Strangely, the sound became suddenly small, so I added the rough transcript. (not exactly word to word, but the content is accurate.)






Takenouchi: 8月23日、辺野古で大変な事件が発覚しました。カヌーで基地反対で非暴力的に抗議していた人が、海上保安庁の人員にゴムボートに暴力的に載せられ、頸椎をねん挫してしまったと言う事件が発生し、沖縄で大きなニュースになっています。

On August 23rd, a big incident took place in Henoko.  A non-violent canoe protestor was injured by Japan Coast Guard person which became a big news.  (Okinawa Times, Aug 23, 2014)

彼が今目の前におりまして、残念なことに彼は頸椎をねん挫しています。
何が起きたか教えて下さい。

He is just in front of me and unfortunately, he has been suffering from cerevral sprain.
Please tell me what happened.

男性:僕はカヌーに乗って今ボーリング調査が行われている現場で、抗議活動を行っていました。

The man: I was doing opposition campaign on the canoe boat against drilling survey implemented at Bay of Oura, in Henoko on that day.

それで海保のゴムボート2隻が僕のカヌーにやってきて、はさみました。

Then 2 Japan Coast Guard rubber boats came to my boat and sandwitched my canoe.

それから海保の人が僕のカヌーを鍵棒で僕のカヌーを引き寄せました。

Then the personnel pulled my canoe boat using an iron bar.

それで彼らは僕に対する令状があるわけでも法的根拠も示さないまま、ゴムボートに引き上げようとしました。

And without any warrant or any legal backgroud, they tried to pull me into the rubber boat.

次の瞬間、一人が僕に馬乗りになって、羽交い絞めにしながら、強制的に暴力的にゴムボートに載せました。

Next moment, one man was horseriding me and grabbed me violently and pulled me into the rubber boat forcibly and violently.

ボートに乗った瞬間に僕は首の痛みを感じて、その保安官に首が痛いから押さえつけないでくれと言いました。

Then I felt pain in my neck and so I asked them, "Please hands off, since I am feeling pain."

それで僕はゴムボートに載せられたんですが、僕は「痛い」と言っていたのに、その保安官は、「抵抗するな」と言って、ぼくをまた押さえつけました。

Thus I was in their rubber boat, and though I made no resistance, the guard told me, "Do not resist!" and grabbed me down once again.

それで僕がもう抵抗しない状態になっているのに押さえつけられている時、その瞬間マスコミがこれを撮影していてくれないかなと考えました。

I was not resisting or anything, but the guard kept grabbing my neck.  At that time I was praying some media person was taking photo of them.

するとカメラマンを載せたマスコミの船がやってきて、写真を撮り始めました。
Then a media boat carrying a camera man approaced us and started to take photoes.

僕はその現場で起きていることを全てカメラに収めてほしいと思いました。

I hoped that the person would take the photoes of what was going on at that time.

すると保安員はカメラで写している間は、僕に対して大丈夫かとジェスチャーし、またその船がいなくなると僕を強く押さえつけてきました。それが2回ほど続きました。

When the media boat was approaching, then the guard patted me gesturing, "Are you OK?" and when the media boat was away, he started grabbing me strongly again.  The same thing happened two times.

それでカメラがいない時に、その保安官は僕に言いました。「カメラに映っていないから、痛くないだろう?」と。

When the media boat was away, the guard said to me, "Now the camera is gone, so you should not feel any pain."

僕はその時、この保安官は、「僕が嘘を言っている」ということをもって、言っているように思いました。

I thought that the guard was saying as if I was telling lies.

竹野内:ああ、「嘘を言っているように」という事ですね。

Takenouchi: You mean, he said that as if you were lying

(ここでなぜか音声がおかしくなった!

(The sound became strange from here at 9:15より)

竹野内の説明: つまりこういうことですね。海保の人は、彼が実は首が痛いなんてことはないんだけれどもお芝居をしているかのように状況を見せたがっていたという事ですね。

So the thing was like this. Japan Coast Guard man was trying to make look the situation as if he was not feeling any pain, but he was pretending and he was acting as if he had pain in his neck.


海上保安庁の保安官は嘘をついていました。僕は本当にかなり首が痛かったし、彼は実際にその時、僕の首を暴力的に押さえていました。

But actually he (the Japan Coast Guard person) was telling a lie.  I was feeling tremendous pain in my neck during that time. He was actually violently holding my neck.

その後、僕はゴムボートに載せられ、尋問を受けました。

Afterwards, I was taken away by the rubber boat and I was questioned by them.

彼らは法的根拠もなく尋問してきたので、名前や住所を聞かれても、僕は黙秘しました。

They did questioning without legal background, so I was keeping my silence not telling my name and address.

するとその海保の人は、僕を特別な巡視船に連れて行ってやると言うのです。

Then the Japan Coast Guard man told me that he will take me to the special patrol boat
(translator's note:  I took the wrong word  "Fleet" but he meant he was about to be taken into a "patrol boat.")

僕はその人に、仲間のカヌーの人達と出発した浜に連れ戻してくれるよう頼みました。

I asked the man to take me back to the beach I started with other canoe men.

そしてその浜辺に連れ帰ってもらいました。解放される前に、私は自分を暴力的に押さえつけた人物に言いました。

They finally took me back to the beach we started.  Before I was released, I told the man who violently held me.

暴力をした彼の方に僕が質問をしたのです。「貴方の名前と肩書を教えて下さい」と。
すると今度は彼の方が黙秘しました。

I asked the violent man, "Please tell me your name and title."  When I asked questions, he kept silence.

彼は答えませんでした。そこで僕は同じ質問をしました。

He was not answering, so I asked the same question once again.

そして僕は聞きました。「なぜ黙秘するのですか?そしてなぜ僕を不当に拘束するのですか」

So I asked him "why are you keeping silence?  Why are you keeping me as in an unjust way?"

すると彼の方は僕にこう聞いてきました。「また沖合の方に連れ帰ってもらいたいのか?」

Then he asked me, "Would you like to go back to the off shore once again."

彼の口調はあたかも沖合に出てまた暴力的な行為をしてやろうかというように聞こえました。

He was as if he would take me off shore and would do the violent things once again.

(14:00ごろから音声が復活!)

そこで僕は人のたくさんいる人のあまりいない浜や沖合よりも、仲間がもっといる辺野古の漁港の方に連れて行ってくれと頼みました。

So I asked him to take me to the fishing's port with more people watching rather than the remote beach or remote off shore.

漁港につくと彼の態度は一変して、非常におとなしい態度になっていました。

He finally took me to the fishing port.

When we arrived at the fishing port, he was very quiet and he became very gentleman-like. His attitude totally changed.

僕たちの仲間が不当に拘束したことを追及して、「なぜ拘束するのか、名前と肩書を言ってくれ」と言いました。

My commrades asked him, "Why did you capture him?  Please tell us your name and position."

しかし彼は同じように全く何も答えませんでした。

But again, he did not answer anything.

僕は最後まで追及したかったのですけれど、でも答えなかったので、結局ゴムボートを折りました。

I really wanted to get his answer, but since he didn't answer any, I got off from the rubber boat.

それで僕はその後に状況と自分の体調を仲間に報告したところ、仲間から病院に行った方がいいと言われ、病院に行きました。

I told my commrades about what had happened and my problem, they suggested me to go to hosptal.

病院に直行すると、診断結果は頸椎捻挫、全治10日という診断が下されました。

So I went to the hospital right away and the doctor diagnosed me that I had cervical sprain which would take for 10 days.

僕としては診断結果が出たと言う事で、今現場で起きたことを社会に対して訴えたいと、マスコミにも話しました。

Since I got the diagnosis and wanted to tell the public what had happened at the site, I told the story to media people.


次の日の朝刊に、海保の保安官が暴力をふるっている写真を見て、改めて酷いと思いました。

On the following morning, I saw my photo being attacked by the Japan Coast Guard man and I had the renewed feeling that it was horrible.

僕はこの問題を徹底的に明らかにして追及したいと思っています。

I really want to throughly find out the facts and pursuit this case.

この問題は沖縄の辺野古への基地を移設すると言う事が、安倍政権の下で強権的に行われていることを示す事象の一つであるからです。

This case is a very good example of Abe regime's high-handed political tactics to relocate Futenma air base to new Henoko base.

多くの沖縄の人々は普天間基地を閉鎖して、辺野古に新しく基地を作ることは大きく大きく反対しています。

Majority of Okinawan people are against the construction of new base at Henoko after closing Futenma.

にもかかわらず、昨年末に仲井真知事が埋め立て申請を許可すると言う事がありました。

However, Mr. Nakaima, the governor of Okinawa, admitted the application for reclaiming the Henoko Sea at the end of last year.

本当に、人類の中でも長年の戦いによって勝ち取られた民主主義が否定されていると思います。

しかも時の政権が暴力的に決定を変えることができると言う事に対しての挑戦であると思います。

(Translator's note:Sorry! My video translation was misinterpreted so here it is!
この部分は動画の通訳に間違いがありましたので、以下の2行の英語を参照ください。)

This is the denial of democracy which has been nurtured during the course of long years in human history.  Also this is quite a challenge for us seeing that the regime can violently change the decision.

僕は決してあきらめずに米軍基地建設反対の闘いを続けたいと思います。

I would like to continue this fight against the construction of US base, never never giving up.

首を治療してなるべく早くコルセットを外せるようにしてカヌーの仲間たちの所に戻りたいと考えています。

I would like to take care of my neck and get recovered as early as possible so that I do not have to wear this corset and would like to go back to canoe team again.

お願いがあります。日本でも世界でも、皆さんがこの日本のこの問題に関心を持って何らかのアクションを起こしてほしい。

So I would like to ask you a favor, to anyone in Japan or in the world.  Please be interested and do some kind of action. Please get to know this fact.

この状況を変えるために連帯しましょう。

Please make a solidarity to change this situation.

僕はやれることはたくさんあると思っています。一人の人でも、たくさんの人が集まった団体でも、やり方はいろいろあります。

I believe there are many things we could do-just by one person or by group of many people.

真の民主主義を勝ち得るまで、一緒に闘いましょう。

Let's fight together that we can achieve our real democracy.

**********

竹野内追記
Post Script by Mari Takenouchi

暴力をふるった人物の詳細は知りませんが、この人物は本土出身の人物で、以前にも、反対する市民をわざと眼鏡の上から強く押さえつけ、目の横から流血してしまったと言う事件も起こしているそうです。

I do not know the details of this person, but local people told me that he had done another violent act against another protester who was wearing glasses.  The protester was captured by him who purposely pressed him hard above his glasses, and the protester suffered bleeding from the side of his eye.

一方、被害にあわれた彼は非常にまじめでしかも優しい30代前半の男性。

On the other hand, the person injured this time was a man in his early 30s and he was quite sincere and gentle.

学生のころから、発展途上国の経済格差の問題やアジア諸国への侵略問題、戦後補償の問題、従軍慰安婦の問題で活動されていたそうです。
(私も従軍慰安婦問題を手伝っていたことがあるので嬉しかったです。)

He told me that he was doing some studies/activities in pursuing the  responsibilities of Japan during the war of agression, insufficient post-war compensation, comfort women issue, and economical gaps on developing nations.
(Since I was also working on comfort women issue, I was happy to see our common points.)

彼は日本の加害責任もしっかり追及しなければならないと強調。(まったく同感)

He stressed that we need to focus more on Japanese responsibility as perpetrators against Asian nations. (I totally agree with him!)

またうちの4歳の息子もinterview前後で可愛がってくれ、「首が痛いのだから無理をしないでください」と言っても遊んでくれ、息子もなついて大喜びでした。。。

He was very nice to my 4 year old son before and after the interview, and though I asked him, "Please never mind my son since your neck is injured," he was playing with my son.  My son was deligted and loved him!

追記2
Post Script 2

現在、私のツイッターは何者かに操作されており、私のフォロワーは不自然な直線を描いて減らされています。そして何人も私のツイートがRTできない時があると報告してくれました。

Currently, my twitter is controlled by someone and the number of followers are constantly decreasing in an unnatural straight line...and my tweets cannot sometimes be RTed according to some people who report me.

同様に、私のiphoneもおかしな動きを見せます。上のように音声が急に小さくなったり普通に戻ったりするのです。当日、私のビデオのバッテリーが上がってしまい、iphoneを使っていましたが、彼の最後のセリフの時にバッテリーがあと20%と表示されていたのにもかかわらず、途中で音声がほとんど消えてしまったり、復活したりしています。。

Likewise, my iphone seems to be behaving strangely with the sound suddenly becoming small or getting back to normal.  On this day, my video camera's battery was gone, so I was using my iphone...

Though 20% of the battery remained at the time when he said the last line, the sound system almost died away in the middle and then recovered...very strange...




ちなみに上の動画はこの事件の現場を24秒映したものです。Youtubeで見ると、ノーグッドを押している人たちがたくさんいます。どういう意味なのでしょうか。私も自分の息子が動物と遊んでいる動画にまでノーグッドをたくさん押す人がおり、憤りを感じております。

ネットには多くの妨害者がいます。

The above video (24 seconds) shows the moment when the above canoe activist was violently captured by Japan Coast Guard man.  Strangely, if you look at youtube, there are many people who pressed Thumb Down.  Why?

I always feel resentment when there are people who press Thumb Down even on my 4 year son's video...

THERE ARE MANY INTERNET OBSTRUCTORS...

竹野内真理 8月25日、Mari Takenouchi August 25, 2014

*********
True Henoko History 20分でわかる辺野古真実の歴史 
 


2014年8月12日火曜日

Fukushima children's thyroid cancer is all high risk one! 福島の子供の甲状腺がんがすべて高リスク症例!

子どもと妊婦を避難させる6か国語署名にご協力を!

Sign 6 language petition!

Evacuate kids and pregnant women!

以下の英日中仏西伊の署名を拡散ください!
Please sign this petition (English/Japanese/French/Chinese/Spanish/Italian)!

日本語署名 Japanese
http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?utm_content=buffer11073&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

English petition:http://www.change.org/en-GB/petitions/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?lang=en-GB&utm_content=buffer11073

****************************
 
Partially copied and translated from: http://ourplanet-tv.org/?q=node/1816
投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 08/07/2014 - 23:35 
Our Planet TV より一部転載、英訳   


  
福島の甲状腺がんは全て高リスク例!


All the Fukushima kids thyroid cancer are at high risk

甲状腺がんの手術では評価の高い隈病院の宮内昭院長と国立がんセンターの津金昌一郎センター長が、それぞれ参考人として意見を述べた。

Experts opinions were provided by 2 doctors who are renowned surgeons for thyroid cancer, Dr. Akira Miyauchi, the director of Sumi Hospital and Dr. Shoichiro Tsugane from National Cancer Center.

その中で宮内院長は、福島県立医大放射線医学センターに設置されている「甲状腺検査専門家委員会診断基準等検討部会」の委員に加わっていることを明かした上で、福島県の甲状腺がんのうち、少なくとも7割が1センチ以上かまたはリンパ節転移のあるものであると報告。

Dr. Miyauchi revealed that he is a member of Subcomittee of Diagnoses Standard Evaluation for Tyroid Examination Experts' Committee at Fukushima Medical University Center for Radiation Medicine, and reported that at least 70% of thyroid cancer kids in Fkukushima have cancer larger than 1cm or metastasis in their lymph nodes.

中には遠隔転移の症例もある説明した。また残り3割についても、反回神経に近い、または気管に近い高リスク症例であることを明らかにした。
 
He added that some child patients had distant metastases.  As for the remaining 30%, they were all high risk thyroid cancer since the cancer lesions were located near recurrent laryngeal nerve or tracheae.
  
甲状腺の健診に関する議論の過程で、長瀧重信座長は、甲状腺検査について「10人に1人、100人に1人の甲状腺を取っても安心であれば良いという考えはどうか」などと発言。宮内院長かえあ「それは極端な数字だと思う」とたしなめられる場面もあった。
 
こうした座長の姿勢への不信感は強く、会議後、傍聴席には「偏向座長は要らない」「心はあるのか」などと書かれたプラカードを掲げる人の姿もあった。


During the course of discussion regarding the thyroid checkups, the chairman of the Experts' Committee, Dr. Shigenobu Nagataki mentioned, "How about the idea of securing safety by removing thyroid glands even at one out of 100 or even 10 children?"

Responding to this, Dr. Miyauchi said, "That number is too extreme" with a cautioning tone.

Distrust against Dr. Nagataki is quite strong, and after the meeting, there were some people holding sign boards sayding, "We do not need the biased chairman" and "Does the chairman have any heart?"

 
*Translator's note: Dr. Shigenobu Nagataki also participated in IAEA Cheronobyl Project children's thyroid examination along with the late Dr. Itsuzo Shigematsu and Dr. Shunichi Yamashita.  They kept denying the radiation cause until RET gene rearrangement was found in the patients in the middle of 90s. Apart from thyroid cancer, all the other diseases caused by radiation are still denied by these scholars.

  


Other materials in Japanese on OurPlanet TV
 
【会議に関する動画、記事】
環境省「被曝影響会議」撮影禁止の方針〜副大臣は再検討と発言(2013年12月19日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1704
第1回住民の健康管理のあり方に関する専門家会議(2013年11月11日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1675
住民ら「結論ありきのメンバー」と批判〜環境省健康調査専門会議(2013年11月1日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1670
第3回 住民の健康管理のあり方に関する専門家会議(2014年2月
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1733
がんリスクめぐり激しく応酬〜第4回健康管理のあり方会議(2014年3月)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1754
第5回 原発事故に伴う住民の健康管理〜国連科学委報告もとに対応へ(2014年5月)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1769
第6回 原発事故に伴う住民の住民の健康管理のあり方に関する専門家会議(2014年5月)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1780
福島県外の健康診断に消極的〜放射線専門家会議(2014年6月)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1800
参考人「健康調査や線量評価の抜本見直しを」環境省会議(2014年7月)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1806
 

2014年7月30日水曜日

More Support Needed for Takenouchi! 海外の人が竹野内へのさらなる支援を呼びかける(感謝!)

 The Nuclear Attacks on Mari Takenouchi: Free Information, Health and Safety in today Japan
原子力推進側が竹野内真理氏を攻撃:今日の日本における情報の自由度、健康と安全の問題

From http://fukushimaemergencywhatcanwedo.blogspot.fr/2014/07/the-nuclear-attacks-on-mari-takenouchi.html より

I am appealing to all of you, students, activists, bloggers, podcasters, journalists, lawyers, doctors, stand up to help denounce and expose those pro-nuclear agents'  illegal permanent harassment of Mari Takenouchi.

皆様にお願いがあります。

学生さん、活動家の方、ブロガー、ポッドキャスター、ジャーナリスト、弁護士、医師の方々は、竹野内真理氏に対する原子力推進側からの違法な嫌がらせを非難し、世間に知らしめるために立ち上がってくれるように、皆さんに訴えます。

A Fukushima evacuee, single mother,  Mari Takenouchi became an full-time independent journalist after 311, a beacon in the night calling attention to the plight of the Fukushima children, of the Fukushima evacuees and non-evacuees, calling for the protection and evacuation of the Fukushima Children.

福島事故後の避難母子でシングルマザーの竹野内真理氏は311後、フルタイムで独立系のジャーナリストをしており、福島の子供たちの苦境を拡散し、福島の子供たちの保護と避難を呼びかける広告塔のような人です。

She needs OUR HELP. She is now under observation by some nuclear offices and agents, virtual and in real life. Those pro-nuclear agents are constantly harassing her, pressuring her, intimidating her, in their will to silence her.

竹野内氏は我々の助けを必要としています。原子力関連の人々から、ネットの世界でも実生活でも監視されています。これらの原子力推進の人々は、竹野内氏を黙らせるため、常々彼女に嫌がらせをし、圧力をかけ、脅しています。

We can make them stop, if we all denounce those illegal acts, on our blogs, podcasts, websites articles, bringing maximum exposure to their harassment, those pro-nukers will realize that their actions are counter-productive, that more they pressure her to silence her, more they will be bring attention to her cause worldwide and more international support for Mari Takenouchi, then they will have to reconsider and stop.

彼らの動きを我々は止めることができます。もしわれわれ皆が、これらの違法な行為を私たちのブログ、ポッドキャスト、ウェブサイトの記事などで拡散し、彼らの嫌がらせを世間に最大限知らしめれば、自分たちの行動が反生産的であり、彼女を黙らせようと圧力をかければかけるほど、彼女の抱く大義が世界の注目を集め、世界中から竹野内真理氏に対する支援が来ることに原子力推進者たちは、気づき、ひいては考え直して嫌がらせを止めざるを得なくなるでしょう。

Due to the present Japanese Government politics and their recent State Secrecy Law, somehow most the Japanese people are presently scared to support her, to become involved and implicated.
It belong to us, the foreign No Nukes activists to bring her our full and loud support, that is the least we can do for a lady who  has been courageously opposing and denouncing the activities of Nuclear lobby Ethos Project in Fukushima.
日本政府の政策と、最近制定した特定秘密保護法により、ほとんどの日本人は現在、彼女に支援の手を延ばし、問題に関与したり巻き込まれることを恐れています。
竹野内氏の支援を全面的に声を大にして行う役割は、我々海外の反原発活動家たちに担われるべきです。すなわち、福島のエートスという原子力ロビーの活動に対し反対や批判を勇気をもって発信している一人の女性に対して、我々が少なくとも成しえることなのです。

Mari needs our help, let's not abandon this lady to fight those crooks alone.
Thank you in advance for you future given support to Mari.
真理さんは我々の助けを必要としています。おかしな人々と一人で闘っているこの女性を見捨てないでください。
今後とも、真理さんに皆さんがしてくださるご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

BACKGROUND:背景情報

ドイツ人の方が書いた英文記事

http://tekknorg.wordpress.com/2014/05/20/iaea-cepn-edf-cogema-areva-and-irsn-bully-mari-takenouchi-and-yury-bandazhevsky-and-sacrifice-japan-and-belarus/

Mari Takenouchi, a Japanese journalist is under criminal accusation by Fukushima ETHOS leaders – who work FOR the nuclear holocaust industry, AGAINST people, but fake it as humanitarian aid.

竹野内真理さんは、(多数の人を殺傷できる原子力産業推進であり、人々の命には反する活動をしながら、人道支援をしているふりをしている)「福島のエートス」という団体の代表から刑事告訴を受けています。

“ETHOS and CORE, who must take their share of the responsibility. (Translator’s note: CEPN is the Centre d’étude sur l’Evaluation de la Protection dans le domaine Nucléaire ; Mutadis, ETHOS and CORE are all offshoots of the French nuclear industry, financed either through Electricité de France or the Autorité de Sureté Nucléaire.)

「エートスとコア」は責任を取るべきです。(CEPNという団体はエートスを行っている団体でフランスの原子力産業から資金提供を受けています。)

The same fate awaits the Japanese people and their children living in areas contaminated by the Fukushima disaster because the same strategy is being put in place in Japan with the same players, the same pseudo-scientific justifications and under the aegis of the same authorities.”:

福島原発事故後、汚染地帯に住む日本の人々とその子供達にも、チェルノブイリと同じ運命が待ち受けています。というのも上記のフランスのエートスと同じ人物が、同じえせ科学による正当化をし、同じ当局に守られながらエートスを推し進めているからです。

http://independentwho.org/en/2014/02/05/chernobyl-model-fukushima/


竹野内氏からの最新資料 Latest (quote):

To Asahi Newspaper朝日新聞殿:貴社の写真から冷泉明彦@Joseph Yoikoと@Nii_Motoharuが竹野内の住所を特定し仲間内で拡散しています!

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/07/sos-net-stalker-niimotoharu-josephyoiko.html

@Nii_Motoharu and @JosephYoiko attacks Mari Takenochi

@Nii_Motoharu and @JosephYoikoが私の自宅まで拡散すると言う嫌がらせ!

この嫌がらせについて書いたドイツのブロガーがなんと@JosephYoikoから脅迫メールを受けたと言います。ドイツの弁護士を探しているところです!

After the German blogger wrote the following, @JosephYoiko sent him a threatening mail to him!
Now we are looking for a German lawyer!

Net-Stalker
@JosephYoiko attacks Mari Takenouchi by disseminating her apartment! (how dirty!)
竹野内のアパートを拡散している冷泉明彦@JosephYoiko

Net-Stalker2
@Nii_Motoharu who attacks Mari Takenouchi and even her parents
竹野内とその両親まで攻撃している!新居元治@Nii_Motoharu

To Asahi Newspaper朝日新聞殿:貴社の写真から冷泉明彦@Joseph Yoikoが竹野内の住所を特定し仲間内で拡散しています!

不起訴ですが、私を犯罪者とみなす起訴猶予! 拡散続けて下さい。英文記事と和訳「ツイートで刑事告訴?」Please keep sharing though I got unindicted. “How could a single tweet land Takenouchi in Jail?” http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/05/please-disseminate-this-article-along.html

More on her website: 
竹野内真理氏の「Save Kids Japan」のブログに更なる情報があります。

http://savekidsjapan.blogspot.jp

 
******************
 
I do really appreciate kindness of overseas supporters.
海外の人がとても親身になって下さっています。
 
On the contrary, Asahi newspaper, which triggered this time's stalker incident, had not earnestly addressed the issue... The following is the story..
今回のアパート拡散事件では、故意ではないにせよ、朝日新聞社の写真でひどい迷惑をこうむっていますが、残念ながら朝日はまったく真摯に対応して下さっていません。
 
July 31, Asahi PR section person called me and said that they cannot accept my proposal to address the following issue.

Stalker issue triggered by Asahi photo
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/07/sos-net-stalker-niimotoharu-josephyoiko.html

7月31日、朝日新聞広報部から連絡があり、「ストーカーの件http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/07/sos-net-stalker-niimotoharu-josephyoiko.htmlで私の望む対処をしていただけない」と回答もらいました。

I told Asahi that their way of coping the stalker issue was extremely regretful.

私は非常に朝日の対応を残念に思うと伝えました。

First of all, though I was panickly told Asahi regarding the photo which identify the apartment of me and my son for net harassers on 28th, they did not take it down until on 30th, when I realized and hastly called the City News Section to take it down.

(The PR section person did not make an apology but in stead told me not to call City News Section.)

まず、朝日は私が28日月曜日の午前中に警察に通報しながら朝日に切羽詰って訴えてあった、記事の写真の掲載をなんと30日午後、私が気付いて消去するように社会部に訴えるまで、何もしないでいたのです。

(それなのに、広報部は私が社会部に電話したのを、(写真をすぐに取り下げなかった件についての謝罪もなく)今後社会部に電話しないようにと要望だけ私に言ったので、私はそれはおかしいと言い返してしまいました。)

Furthermore, through the conversation, I realized that Asahi has never checked @Nii_Motoharu and @JosephYoiko's tweets at all...

さらに会話をしていくと、私が以下のブログで書いた@Nii_Motoharuと@JosephYoikoの嫌がらせツイートをその後、まったくチェックしていないことがわかりました。

Moreover, the reporter who took the photo and carried the photo in her article has been ignoring this case though I contacted her through telephone and mail.  She was using her tweets just as regularly...

さらにはその写真を撮影し、掲載した記者にも電話とメールでコンタクトしましたが、当の本人はしらんぷりで普通に関係ないツイートをしています。

However, what is most important is, though Asahi carried my article with a colored photo in nationwide version when I just evacuated to Okinawa after Fukushima, they have been ignoring me when I pleaded directly to the UN regarding Fukushima kids and when I got criminally accused by ETHOS (this news was carried by Reporters without Boarders and other foreign media) and then been under harrasment by many including those who disclose my apartment due to Asahi's photo!

しかしながら、一番重大なのは、朝日新聞が、私が「ただ沖縄に母子で引っ越した時には全国版の記事にしてカラー写真まで掲載」しながら、私がその後国連にまで福島の子供たちの問題で直訴し、多くの嫌がらせにあい、エートスに刑事告訴までされて海外では国境なき記者団やロイター財団まで私の記事を掲載している中、まったく無視している事、そして今回社内の記者の写真により、私がこれだけ実害をこうむっているのに、私の記事にしてくれという要望を無視していることです。

I once again asked Asahi Newspaper to convey my opinion above to the appropriate section of the company.

以上の私のコメントを再び社内で伝えていただくように広報の方にお願いしました。
 
 

2014年7月24日木曜日

Net Stalker @JosephYoiko identified my home through Asahi Newspaper! 朝日新聞の写真から@JosephYoikoが竹野内の住所を特定し@Nii_Motoharuなど仲間内で拡散している

August 7, JosephYoiko who identified my apartment to disseminate on twitter said that it is totally fine to say what is happening to me to his wife, a news caster of a local broadcasting company.

8月7日、私のアパートを特定し、ツイッター上で拡散したJosephYoikoが竹野内に、「(ある地方局のキャスターでいらっしゃる奥様に今回の件を苦情を言うのを)ご自由に、妻の方が心理学専攻でキチガイの扱いには慣れています。」と余裕をもって言われました。

JosephYoiko disseminated my apartment, mocking and laughing at me saying that I may get to be kicked out when a new resident is found in the apartment.  He further says, "Takenouchi's mother is the manufacuter of a crazy person" "Takenouchi's son should be kept away from the crazy mother."

JosephYoikoから私たち母子家庭のアパートを晒され、追い出されるんじゃないかと嘲笑され、親を馬鹿にされ、子供をキチガイの私から引き離せと拡散され、ありとあらゆる嫌がらせを受けています。当方かなりまいっています。警察が本人確定できていないので、ご家族に相談するしかありません。

It seems to be there is no other way, since the police still has not identified JosephYoiko.

非常に残念ですが、JosephYoiko本人が特定できていない中、それしか方法がない状態です。

***************

July 31, Asahi PR section person called me and said that they cannot accept my proposal to address the following issue.

7月31日、朝日新聞広報部から連絡があり、「以下の件で私の望む対処をしていただけない」と回答もらいました。

I told Asahi that their way of coping this issue was extremely regretful.

私は非常に朝日の対応を残念に思うと伝えました。

First of all, though I was panickly told Asahi regarding the photo which identify the apartment of me and my son for net harassers on 28th, they did not take it down until on 30th, when I realized and hastly called the City News Section to take it down.

(The PR section person did not make an apology but in stead told me not to call City News Section.)

まず、朝日は私が28日月曜日の午前中に警察に通報しながら朝日に切羽詰って訴えてあった、記事の写真の掲載をなんと30日午後、私が気付いて消去するように社会部に訴えるまで、何もしないでいたのです。

(それなのに、広報部は私が社会部に電話したのを、写真をすぐに取り下げなかった件についての謝罪もなく,今後しないようにと要望だけ私に押し付けました。)

Furthermore, through the conversation, I realized that Asahi has never checked @Nii_Motoharu and @JosephYoiko's tweets at all...

さらに会話をしていくと、私が以下のブログで書いた@Nii_Motoharuと@JosephYoikoの嫌がらせツイートをその後、チェックしていないことがわかりました。

Net-Stalker2
@Nii_Motoharu who attacks Mari Takenouchi and even her parents
竹野内とその両親まで攻撃している!新居元治@Nii_Motoharu


Net-Stalker
@JosephYoiko attacks Mari Takenouchi by disseminating her apartment! (how dirty!)
竹野内のアパートを拡散している冷泉明彦@JosephYoiko
He even sent a harassing mail to my German friend!
冷泉はなんとドイツの私の友人に嫌がらせメールを出している。

New comment waiting approval on tekknorg.wordpress.com

Datenschutz http://www.tekknorg.wordpress.com nimmt den Schutz Ihrer persönlichen Daten sehr ernst und hält sich strikt an …
Es besteht der Verdacht, dass sie es tut eine Spende von Betrug, die sich als Anti-Atom-.
Ich fragte sie, für eine ausführliche Erklärung, aber sie war in der Antwort gestaut.
Sie versucht, meine Bekanntheit zu vergießen.
Natürlich sind sie alle Lügen.
Vielleicht ist sie paranoid.
Ich glaube, Sie besser aufhören Diffusion von ihren Ausführungen hatte.
(Google translation into English)
It is suspected that she does a donation of fraud claiming to be anti-nuclear.
I asked for a detailed explanation, but it was jammed in the response.
  She tries to shed my reputation.
  Of course, they are all lies.
  Maybe she's paranoid.
  I think you had better stop diffusion of their designs.
 
私の友人のドイツ人は、この人物が誰であるのか知りたがっています。私のアパートを拡散していることに憤ってくれた正義感の強い彼と私は、日本の司法が福島の子供たちを助けたいという運動をする私を攻撃するばかりで、母子の安全を守ってくれないのであれば、ドイツ人の弁護士に相談したいと考えています。


Moreover, the reporter who took the photo and carried the photo in her article has been ignoring this case though I contacted her through telephone and mail.  She was using her tweets just as regularly...


さらにはその写真を撮影し、掲載した記者(静岡支局の仲村和代記者。10日以上たっても音沙汰ないのでこちらに名前を公表します)にも電話とメールでコンタクトしましたが、当の本人はしらんぷりで普通に関係ないツイートをしています。

However, what is most important is, though Asahi carried my article with a colored photo in nationwide version when I just evacuated to Okinawa after Fukushima, they have been ignoring me when I pleaded directly to the UN regarding Fukushima kids and when I got criminally accused by ETHOS (this news was carried by Reporters without Boarders and other foreign media) and then been under harrasment by many including those who disclose my apartment due to Asahi's photo!

しかしながら、一番重大なのは、朝日新聞が、私が「ただ沖縄に母子で引っ越した時には全国版の記事にしてカラー写真まで掲載」しながら、私がその後国連にまで福島の子供たちの問題で直訴し、多くの嫌がらせにあい、エートスに刑事告訴までされて海外では国境なき記者団やロイター財団まで私の記事を掲載している中、まったく無視している事、そして今回社内の記者の写真により、私がこれだけ実害をこうむっているのに、私の記事にしてくれという要望を無視していることです。

I once again asked Asahi Newspaper to convey my opinion to the appropriate section of the company.

以上の私のコメントを再び社内で伝えていただくように広報の方にお願いしました。

*************************

Below are the story of the stalker harassement using Asahi photo
以下が朝日の写真を使ったストーカーについての概略です。

******************************

@JosephYoiko が、朝日新聞が2011年11月22日に掲載した私と私の息子と友人が写っているアパート内の写真と、沖縄の不動産情報から私の住所を特定したと言い、彼はすでにいつも竹野内に嫌がらせをする仲間に広げています。
@JosephYoiko said he identified my apartment through the photo (of Asahi Newspaper article dated on Nov 22, 2011, City News Section. )  He has already been sharing my apartment information with usual net harassers against Takenouchi. 

7月29日には@Nii_Motoharuが私のアパートの外観写真まで拡散しています!

On July 29, @Nii_Motoharu even spread the photo of my apartment building on the twitter!

THIS IS AN ACT OF CRIME!

 
私は7月28日、特定者を警察に通報しました。
冷泉明彦 @JosephYoiko
I reported this act of @JosephYoiko to the police on July 28.

@JosephYoikoは私のアパートを特定したとツイッターで喧伝、すでに嫌がらせの仲間内に拡散しています。非常に悪質です。
JosephYoiko said that he has identified my apartment and he said he already has disseminated among his internet gangs who have been harassing Mari Takenouchi.


すでに今まで嫌がらせツイートが度を越していた冷泉明彦 @JosephYoikoについては警察以外の人権機関も受理していますが、さらに本日、追加の資料も出してきました。警察は人物確定のために慎重に捜査中です。


As for  @JosephYoiko, his continued harrasement is already reported to Human Rights Bureau, and now I reported to the police by saying that he identified my apartment and already disseminating to internet harassers against Takenouchi!  This is a crime!




同日7月28日、同時に私は朝日新聞の広報部と社会部にこの問題を訴え、出してしまった記事は仕方がないが、こちらは脅迫という多大な迷惑をこうむり、また危険性もあるのであり、朝日新聞社がこの記事を出して嫌がらせ者の存在を知らせることにより、私たち母子の危険を少しでも軽減するようにお願いしましたが、まだ返事は頂いておりません。

On the same day, I reported the same to PR Section and City News Section of Asahi Newspaper saying that my son and I have been under tremendous trouble and threats due to the Asahi article though it was not intended.


I asked Asahi to write about this in their article to mitigate the risk against my son and I.


I haven't received any reply as of now.


それどころか、広報の方はご理解いただけなかったようで、社会部につないでもらう事は拒否し、初めは警察とのやり取りで忙しい私にコールバックすることも拒否されていました。


The person in PR section did not seem to understand our situation at all and he even refused to connect me to City News Section and even said he would not call me back though I was busy with the police.


その後、なんとか当時の社会部の仲村和代記者の名刺を発見し、電話して留守電も残しましたが、反応はなく、別の私を2011年にインタビューした朝日の記者Aさんに聞いたところ、どうやら異動になっているようです。(なんと2011年に私は朝日新聞本社の記者から2度もinterviewされているんです)


Then I found the business card of the then reporter Ms. Kazuyo Nakamura, and left my message on her answering machine, but no response.  I later heard she was transferred by another Asahi reporter who also interviewed me in 2011.


『プロメテウスの罠』を書いた一人のこの記者Aさんは本音で語り、「福島事故後のマスコミ記者は科学を語っていない。だいたい食品の基準が低レベル廃棄物=100Bq/kgの5倍なんてありえない。」と言っていた良心的な人でしたが、彼も異動になったそうです。


The 2nd Asahi reporter who was one of the writers for "Trap of Prometeus" (Asahi publishing company), said in front of me, "After Fukushima accident, media reporters are not telling scientific truth.  It is unthinkable to set the food limit at the 5 times of low level radiation 100Bq/kg!" 
But he was also transferred too...


Aさんは「朝日ができることと言ったら、この件を記事に書くことくらいしかない」と言いました
He said, "Only thing Asahi can do is to write an article on you."


私も同調して、「ええ、私もそう思っています。もう取り返しがつかないことが起きてしまったが、潜在的な犯罪の可能性を少しでも軽減するには、逆に記事にしてもらって拡散するしかないと思う。しかし、広報の人はなんと私を社会部につなぐことさえ、拒否しました」

Me "Yes, that's what I think.  What had happened cannot be taken back but in order to mitigate the potential crime risk, they only can disseminate this case through an article.  However, the PR person even refused to connect me to the City News Section."


Aさん「ええ!どうしてでしょう!?」
He"What?  Why on earth is that?"


その後、朝日新聞社会部に電話を掛けたら女性記者が出て、私の困った状況は、「まあ・・・!」と聞いて理解してくれましたが、「朝日新聞が何かしてくれるかどうかは、私は決定する権限を持たず、何かしてくれるとはあまり思えません。いずれにせよ広報がすべて一元化して決定します。。。」
と言い、私はがっかり。


Later on, I called up City News Section and a woman reporter answered the phone. She was surprized to hear my story saying, "Oh, my..." but then said, "I have no authority to promise anything.  I am skeptical whether Asahi would do anything and also PR Section will decide.  Every decision goes through PR section."


I am quite dissapointed to hear this.


そもそも私が事故後沖縄に避難しただけで、本社から女性記者を派遣し、カラー写真付きで全国版に載せておきながら、私がエートスに刑事告訴され、福島から刑事や検察官が何人も派遣されても知らんぷりの朝日新聞に驚きです。
 To begin with, Asahi dispatched 2 reporters from the Headquarter only because I escaped from Tokyo to Okinawa after the accident, but when I got criminally accused by ETHOS and Fukushima police and prosecutors were sent to Okinawa, they just ignored, which was quite surprising for me.


そして今回電話に出た朝日新聞の女性社会部記者は「エートスを聞いたことがない」と答えましたが、社会部記者でエートスを知らないとは少々驚きました。


And the woman reporter who answered my phone told me that she had never heard of ETHOS...which was a bit surprising, too...


いくら意図的でなかったとしても結果的に母子が多数のネット嫌がらせ者によって危険をこうむっているのです!
万が一、危害を加えられたら、朝日はどうやって申し開きをするのでしょうか?
Even though it was not intened, a mother and a child are under dangerous situation due to the photo carried in Asahi Newspaper!!


In case some harm was done to us by somebody, what kind of excuse Asahi would make?


過去にはマスコミの情報漏えいにより、坂本弁護士一家が殺害された事件も起きています。http://ja.wikipedia.org/wiki/TBS%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E5%95%8F%E9%A1%8C


In the past, Lawyer Sakamoto families were killed due to the information leak of a Japanese media company.


朝日新聞には真摯な人間らしい対応を望みます。
I earnestly hope Asahi would address this issue in a sincere and human like manner.
@JosephYoiko said that he checked Okinawa Real Estate information to identify my room in comparison with my photo carried in Asahi Newspaper. 


****************
Prior to the above


これ以前には・・・


以前からネット上で竹野内への嫌がらせを続けてきたネットの粘着者、新居元治@Nii_Motoharuがなんと私の近所の写真を投稿し、アパートを特定しようと近所の写真を投稿。


Net harasser, @Nii_Motoharu is trying to identify my apartment by taking the neighborhood photoes.


どうかこの件を拡散ください。
Please disseminate this information as widely as possible.


幼児を抱えるシングルマザーの私にとり、これ以上の恐怖はありません。
There is nothing more frightening for a single mother like me.


実際に私たち親子は、2012年の夏に近所で不審者に突然近づかれ、当時2歳の息子が突然抱き上げられています!
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/301.html


In summer of 2002, my then 2 year old son was picked up  by a strange man in my neighborhood! http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/301.html


ちょうどエートスに反対しだした頃にこのようなことが起きました。


That was soon after I raised my opposing voice to ETHOS.


同時期に反原発連合の野間易通氏からは「居場所のわかる竹野内などを処分してやるといい」という脅迫ツイートがありました。


Around the same period, Mr. Yasumichi Noma, the organizer of Metropolitan Anti-Nuke Coalition gave out a threatening tweet saying, "It is better to dispose of Takenouchi, whom we know whereabout she lives."


そして、エートスからの刑事告発、起訴猶予となった翌日には、この脅迫者、野間があろうことか、友人の安東量子氏とのツイートの会話で「今度は自分が竹野内を訴えます」とツイート。
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/03/further-legal-case-against-takenouchi.html


On the following day of nonindictment decision (deferred indictment) on ETHOS criminal accusation case, the same Mr. Noma (the director of ETHOS Ms. Ryoko Ando's friend) said in the conversation with Ms. Ryoko Ando, "I will sue Takeouchi this time." http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/03/further-legal-case-against-takenouchi.html


この2年間、様々な嫌がらせや脅迫に晒されてきました。


今週中に警察に行く予定ですが、それを予告したところ、上記の新居元治氏が私の近所の写真を投稿、アパートを特定しようとしました。


I have been threatened and harassed by many people countless times for the past 2 years. 


 I announced that I will report these harassement to the police this week, then @Nii_Motoharu, the constant harraser, disseminated my neighborhood photo on his twitter to search and identify my apartment.


これら一連の出来事はまさしく人権侵害であり、犯罪行為も含まれると思います。


This is an infringement of human rights and is an act of crime.


警察には通報し、パトロール強化することになりましたが、どうか皆様からも、この情報を拡散して下さい。


I reported this to the police but dear all, please do disseminate this information.


エートス刑事告訴の時にもそうでしたが、私たち母子にとっては情報拡散しか、守るものがないのです。


As in the case of ETHOS criminal accusation, disseminating information is the only way to protect myself and my son.  There is nothing else for us. 


また国際人権弁護士やジャーナリストも引き続き探しています。


In addition, I am looking for overseas lawyers and journalists.


どうかよろしくお願いいたします。


PS.


新居元治の応援団、@tsukiko0000は、今年エートスから刑事告訴されてから嫌がらせの極みを尽くした京都の細見幸市@ohagiyaから「沖縄に竹野内の母乳を吸いに行け」とセクハラを受ける私を逆に「セクハラ女」と拡散した人物です。


今回も@tsukiko0000は、アパートまで特定されようとする私に対して、私を悪者に仕立てようと、陰湿な嫌がらせの限りを尽くしています。




@tsukiko0000 is a women who defamed me calling me as, "sexual harrassing woman " when I was sexually harassed by @ohagiya who said, "Go to Okinawa to suck Takenouchi's breasts". 


Now she is again threatening me after I got the above threat making me look like I am the evil one.  Her malicious support for the harrasers is really extraordinary.


tsukiko0000はmaibaba311などと共に、普段は良いツイートをしながら、私の人格を貶めるべくピンポイントで攻撃してきました。


tsukiko0000 has been attacking me pinpoint in spite that she tweets good things usually as a disguise.


そして今見たらカルディコット医師の通訳までした放射能問題に詳しく大事な情報を発信する平沼百合さんが、同調して私の人格を貶めているようです。


Now, @YuriHiranuma is supporting @tsukiko0000 defaming my personality...


2013年3月、健康被害が出ているという報告を私はNY医学アカデミーのランチセッションの「Report from Japan」という報告会で発表してほしいと頼まれて発表したのですが、以来、平沼氏からは「竹野内は頼まれてもいないのに発表した。人格的におかしい」とずっと言われ続けています。


NY医学アカデミーでの発表+動画
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/04/ny-symposium-on-fukushimany.html
(ちなみに彼女とは挨拶を交わしただけでその他、一切コミュニケーションしていません。ずっとツイートで悪く言われ続け、正直戸惑っています)



Health hazards observed in Japan by Takenouchi

竹野内による日本で起きている健康被害のスピーチ、NY

Yuri Hiranuma (she was once an interpreter of Dr. Helen Caldicott and she has lots of knowledge on radiation) strangely has been criticizing my personality claiming that I made the speech at NY Academy of Medicine 2013 though I was not asked...but I WAS ACTUALLY ASKED by the host of lunch break session. 


 (I have never communicated with her except greeting each other when I met her in NY.  It was quite surprising for me that she keeps tweeting ill of me...)


I cannot see why she has been defaming my personality persistently with other net harassers for a long time...


http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/04/ny-symposium-on-fukushimany.html




あからさまにわかるネット嫌がらせ者から、一見わかりにくい人、ある程度信頼を得ている人も一緒になって(私の出す情報でなく)、人格を貶め、脅迫し、私の出す情報や放射能に晒される子供たちを避難させたいと言う活動を停止させようとしているようです。本当に悲しい事です。


It is quite sad to see that people who gained some credibility are attacking me in cooperation with obvious net harassers by defaming my personality (though they can never deny the information I am sending out).


Their aim may be making me busy with harassers so that I cannot continue my information dissemination or my activities to call for evacuation of children in contaminated area.


また私たち母子にとっては死活問題です。
Their coordinated harassements are truly a threat for a single mother like me.


どうかこの情報を心ある方は拡散お願いします。


Please do disseminate this blog page.


ツイッターもコントロールされ、拡散しにくくなっているのです。


My twitter and FB are under control and cannot be disseminated much.








下の「tの文字」のところにカーソルを合わせると青になりますから、クリックしてもらえれば、ツイートできます。「f」にもっていけば、Facebookで拡散できます。


Bring your cursol to "t" to highlight it into blue color, please click it to disseminate through twitter, or you can click "f" for facebook and whatever...